Help us understand the problem. What is going on with this article?

[HTML/CSS高速コーディング]ギリギリまでコードを書かないChrome DevToolsのリアルタイムレイアウト編集テクニック

HTMLとCSSを書くとき、レイアウトの微調整に保存とリロードを繰り返していませんか?
それ、Chromeの開発者ツールを使うと編集しながらリアルタイムで内容を確認できますよ!

要素の選択

右クリックメニューの「検証」

右クリックメニューの「検証」を選ぶと選択要素に一発で移動できます!
*重なってる要素があると重なり上の一番上になっている要素が選択されます
スクリーンショット 2020-07-19 22.48.34.png

Elementパネルの操作

キー 動作
1行上の要素(タグ)へ
1行下の要素へ
開いていた親要素を閉じる
閉じていた子要素を開く

名称未設定.gif

キーボード操作で要素を移動していくと快適ですね!

CSSのリアルタイム反映

スクリーンショット_2020-07-19_21_59_11.png
CSSファイル由来のクラスのスタイルはクリックして編集可能です。
新しいプロパティの追加もできますし、設定しているものを無効化することもできます。

画面収録 2020-07-19 22.15.56.gif

gif中の数値指定をなめらかに変えているところではマウスホイールを使っています。
キーボードの上下でもOK。

キー 数値の変化
↑/↓ +1/-1
Shift + ↑/↓ +10/-10
Shift + PgUp/PgDown +100/-100
[Win]Alt[Mac]Opt + ↑/↓ +0.1/-0.1

キーボード ショートカットのリファレンス | Chrome DevTools

いい感じの数値やスタイルになったらコードへペースト!

HTMLの編集

エレメントタブの右クリックメニューのEdit as HTMLでHTMLが編集できます。
Enterだと改行になりますがEscではキャンセルになるので気をつけてください。
確定は[Win]Ctrl/[Mac]Cmd + Enterです。 Thx @sanfrecce-osaka
画面収録 2020-07-19 21.40.38.gif

ElementタブのDOM操作系ショートカット

Ctrl + Cで選択要素がクリップボードに入ります。
Ctrl + Vで貼り付け、Deletキーで削除できます。

属性をダブルクリックしたり、内部テキストをダブルクリックすると編集状態にできます。
要素を増やした場合のレイアウトや空だった場合のレイアウト、
中の文字数が多い時のレウアウト確認にお使いください。

まとめ

リロードしなくても、Chrome DevToolsでかなり自由にDOMとCSSが編集できることがわかりました。
この方法ならリアルタイムに画面上で幅感やレイアウトを確認しながら編集できるのがいいですね。

このテクニックをうまく使えば、スタイルやHTMLの構造をDevTools上で考えて、最後にファイルへコピーするだけで済ますことができます。
知っていればHTMLとCSSが高速にコーディングできること間違いなし。是非使ってみてください。

他にもテクニック

studist
「伝えることを、もっと簡単に」をミッションにビジュアルSOPマネジメントプラットフォームのBtoB SaaS「Teachme Biz」を開発・運営するスタートアップ
https://medium.com/studist-dev
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした