Python
reference
docs
Python3
org

pythonをストレスなく使う!(結局docs.python.orgのreferenceが納得感が高い気が、、、)


目的

 pythonをストレスなく使う!

そのためには、少しでも、理解のレベルを上げる必要あり。

なんでも、こだわって、、、、理解を深める。

ここで記載しているのは、

結局docs.python.orgのreferenceが納得感が高い気が、、、です。

リファレンスは、以下のサイトです。

https://docs.python.org/ja/3/reference/

https://docs.python.org/3/reference/


docs.python.orgのreferenceが一番わかりやすい例


内包表記

たとえば、リスト内包表記で以下のような書き方をする。

(下記1行 引用:「入門 Python3」オライリー・ジャパン)

a_list = [number for number in range(1,6) if number % 2 == 1]

この形式は、以下の説明が、網羅されていて良い。

(後から、こんな書き方もできると言われると、多少、混乱するため。)

ここでは、comprehensionの構成と、それが入るlistの構成が示されている。

(出典: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html

naiho.png

(出典: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html

list.png


(式の説明における)「プライマリ(primary)」

「6. 式 (expression)」 に以下の説明がある。

以下の説明で、aaa.bbb のようなドットでつなぐ書き方の説明としては、

非常にわかりやすい気がする。説明が網羅されている感じが、いい

(出典: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html

primary.png

(出典: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html

atom.png


import

importの説明も、docs.python.orgのreferenceが一番わかりやすかった。

python入門[import] 「from relative_module import identifier」 とか


シーケンス

シーケンスを理解するのにも、docs.python.orgのreferenceの説明が役立った。

PythonのData model(データモデル)のThe standard type hierarchy(標準型の階層)


docs.python.orgのreferenceのちょっとと思う部分

項目の階層が、、、少し、クセがあるかも。同じ階層で、、、細かい、話に移行する場合あり。


まとめ

docs.python.orgのreferenceは、良いと思うので、

馴染もうと思います。


関連(本人)

pythonをストレスなく使う!(generatorに詳しくなる。since1975らしい。)

pythonをストレスなく使う!(Pythonでは、すべてがオブジェクトとして実装されている)

pythonをストレスなく使う!(Pylintに寄り添う)

pythonをストレスなく使う!(ExpressionとStatement)

英語と日本語、両方使ってPythonを丁寧に学ぶ。


今後

コメントなどあれば、お願いします。:candy:

勉強します、、、、