Help us understand the problem. What is going on with this article?

【クラウド初心者向け】AWSアカウント作成後にやった方が良い初期設定(リソース管理)

リソースの管理の設定

  • AWS Configは、リソース管理に役立つ機能を提供するサービスです。
  • 記録するリソースの選択、記録を保存するS3バケット、設定を確認するためのルールを設定します。

使用ユーザー

  • IAMユーザー

手順

  1. AWSにサインインします。

    1. アカウント、ユーザー名、パスワードを入力してサインインします。
      アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする
  2. 『AWSマネジメントコンソール』画面にある「サービスを検索」にConfigと入力し、検索結果から《Config》をクリックし、AWS Configコンソール(https://console.aws.amazon.com/config/)を開きます。
    image.png

  3. AWS Configコンソールを初めて開く場合や新しいリージョンで開く場合に、次のページが表示されるので《今すぐ始める》をクリックします。
    image.png

  4. 赤枠の部分を設定し、《次へ》をクリックします。
    image.png
    「グローバルリソース(AWS IAM リソースなど)を含める」は、どこか1つのリージョンのみ設定してください。

  5. ポリシーに合ったルールを選択し、《次へ》をクリックします。
    image.png

  6. 内容を確認し、《確認》をクリックします。
    image.png

  7. 設定が完了しました。

Configルールで非準拠のリソースの管理

リソースの設定が最適な設定であるかどうかを評価する。

使用ユーザー

  1. IAMユーザー

手順

  1. AWSにサインインします。

    1. アカウント、ユーザー名、パスワードを入力してサインインします。
      アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする
  2. 『AWSマネジメントコンソール』画面にある「サービスを検索」にConfigと入力し、検索結果から《Config》をクリックし、AWS Configコンソール(https://console.aws.amazon.com/config/)を開きます。
    image.png

  3. 設定したルールに準拠しているかチェック結果を確認できます。
    image.png

  4. 非準拠のリソースを確認するため、「ルール名」から対象のルールをクリックします。
    image.png

  5. 非準拠のリソースが確認できます。
    image.png

Configルールで非準拠のリソースの管理

1つ以上のリソースの設定履歴を取得する。

使用ユーザー

  1. IAMユーザー

手順

  1. AWSにサインインします。

    1. アカウント、ユーザー名、パスワードを入力してサインインします。
      アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする
  2. 『AWSマネジメントコンソール』画面にある「サービスを検索」にConfigと入力し、検索結果から《Config》をクリックし、AWS Configコンソール(https://console.aws.amazon.com/config/)を開きます。
    image.png

  3. 設定履歴を確認したい「リソース」から対象のリソースをクリックします。
    image.png

  4. リソースの一覧が表示されるので確認したいリソースをクリックします。
    image.png

  5. 《設定タイムライン》をクリックします。
    image.png

  6. 変更履歴のタイムラインが表示されるので確認したい履歴をクリックします。
    下にスクロールすると変更内容等が確認できます。
    image.png

参考サイト

目次に戻る

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away