Edited at

GKE + WordPressのチュートリアルをRancher2.0 Technical Previewから覗いてみた

More than 1 year has passed since last update.

これまで、Rancher2.0 Technical Preview版でGKE、AKS、RKE、IBM Cloud k8s等のk8sクラスタをインポートをする記事を投稿してきました。

今回は、インポート後を中心に見ていきたいと思います。

まず、Google Cloud Platform(以降GCP) 公式のチュートリアルに沿って、GKE上にk8sクラスタを構築してWordPressをデプロイします。

このチュートリアルは、ただWordPressをデプロイして終わるのではなく、WordPressやMySQLデータベースをGCEのDiskに構築して、Persistent Diskとします。ノードやWordPress、MySQLコンテナーを削除してもデータベース情報が消えることなく、ノードやWordPress、MySQLコンテナーを自動復旧する仕組みになっています。

Rancher2.0でその状況をグラフィカルに覗いてみたいと思います。


GKE + WordPressのチュートリアルの実施


1.GCPの申し込み

GCPに申し込むと、1年間$300無料で利用できます。


2.Google Cloud SDK Shellのインストール

チュートリアルでは、Google Cloud SDK Shellを利用してCLI操作となりますのでインストールします。


3.チュートリアルの実施

チュートリアルに沿って、GKE上にk8sクラスタを作成して、GCE DiskをPersistent Diskにして、WordPressをデプロイします。


Rancher2.0 Serverの構築とGKE GKE Kubernetes Clusterのインポート

こちらについては、以前の投稿記事に沿って構築できます。


コンテナーの動きを覗いてみる

screencapture-35-189-145-201-8080-env-1a5-hosts-1513866248809.png

MySQLのコンテナーを削除してみます。

kubectl delete pod -l app=mysql

image.png

ノードが変わっています。

image.png

WordPressのコンテナーを削除してみます。

kubectl delete pod -l app=wordpress

image.png

ノードが変わっています。!

image.png

WordPressのページ内容は保持されています。

screencapture-35-194-105-187-1513868695920.png


ノードの動きを覗いてみる

GCPのダッシュボードからノードを削除してみます。

image.png

image.png

新たにノードが自動的構築されて、WordPressとMySQLコンテナーも作られて、元に戻ることがわかります。

image.png

ディスクがノード側に外付けされていて、そこにWordPressとMySQLに必要となるPersistent Dataとして保存されているため、ノードとコンテナーが削除されても自動復旧後にそのディスクを読みに行くためWordPressのページ内容に変わりはありません。

WordPressのページ内容は保持されています。

screencapture-35-194-105-187-1513868695920.png

このチュートリアルは、シングルコンテナーのため、ノードとコンテナーが構築中の間はページにアクセスできないので、この辺はコンテナー数を増やして冗長構成等を検討する必要がありますね。

Rancher2.0 Technical Preview版でGKEのkubernetesクラスタをインポートして、可視化されたノードやコンテナーを覗いてみました。

kubernetes dashboardでも可能ですが、Rancherもグラフィカルな感じでkubernetesクラスタの状況をイメージしやすいと思います。

GCP、GKE、kubernetes、Rancher2.0を試してみたい方は是非!