Help us understand the problem. What is going on with this article?

SapperでSCSS(や他のCSSプリプロセッサ)を使う方法

More than 1 year has passed since last update.

最近マイブームの SapperSvelte )ですが、 Nuxt の時のように SCSS が使いたくて調べたわけです。
(Sapperのインストールは こちら を)

標準ではSCSSは使えない

SCSSをはじめ、Less、StylusなどのCSSプリプロセッサはSapper単体ではサポートしていないようです。
:global() を駆使して......という方法ができなくはないみたい)

ちなみに、SapperのIssuesに似たようなものがあがっていました。

:octocat: Global SASS/SCSS/Less/Stylus support #474

NuxtアプリケーションからSapperにコンバートするのでBulma使えないとこまるーみたいな感じです。

このIssuesのなかに、

For SCSS support you might want to have a look at https://github.com/kaisermann/svelte-preprocess and https://github.com/ls-age/svelte-preprocess-sass.

SCSSサポートしたいならライブラリを使ってよー的なレスがありました。

svelte-preprocess を使ってみる

Issuesでは2種類のライブラリが紹介されていましたが、より汎用的な svelte-preprocess の方を使ってみることにしました。

svelte-preprocess is 何?

A Svelte preprocessor wrapper with support for: PostCSS, SCSS, Less, Stylus, Coffeescript, TypeScript and Pug.

:octocat: svelte-preprocess

Svelteではサポートしていない、様々なプロセッサーをサポートしてくれるライブラリです。

サポート対象は、

  • PostCSS
  • SCSS
  • Less
  • Stylus
  • CoffeeScript
  • TypeScript
  • Pug

と、かなり豊富。

インストール方法

$ npm install --save-dev svelte-preprocess

SCSSを使う場合、 node-sass のインストールも必要です。

$ npm install --save-dev node-sass

Sapperでの使い方

ライブラリのUsageに Sapperの場合の使い方 が書いてありますが、Sapperが svelte-loader を利用しているため、 svelte-loaderの場合の使い方 で実装しています。

webpack.config.js の編集

For client:

webpack.config.js
client: {
  entry: config.client.entry(),
  output: config.client.output(),
  resolve: { extensions, mainFields },
  module: {
  rules: [
    {
      test: /\.(svelte|html)$/,
      use: {
        loader: 'svelte-loader',
        options: {
+         preprocess: require('svelte-preprocess')({ scss: true }),
          dev,
          hydratable: true,
          hotReload: false // pending https://github.com/sveltejs/svelte/issues/2377
        }
      }
    }
  ]
},
// any...

For server:

webpack.config.js
server: {
    entry: config.server.entry(),
    output: config.server.output(),
    target: 'node',
    resolve: { extensions, mainFields },
    externals: Object.keys(pkg.dependencies).concat('encoding'),
    module: {
      rules: [
        {
          test: /\.(svelte|html)$/,
          use: {
            loader: 'svelte-loader',
            options: {
+             preprocess: require('svelte-preprocess')({ scss: true }),
              css: false,
              generate: 'ssr',
              dev
            }
          }
        }
      ]
    },
    // any...

SCSSの利用

わかりやすいようにインストールした状態のSapper(v0.27.4)アプリケーションの index.svelte を編集してみます。

index.svelte
<style lang="scss">
    $gradient: linear-gradient(-90deg, #FF00A1, #F6FF00);

    figure {
        margin: 0 0 1em 0;
        background-image: $gradient;
    }
</style>

グラデーション背景用の $gradient 変数を用意して、 <figure> に設定しています。

すると、
Sapper×SCSS.png
このおじさん誰なんでしょうね?

まとめ

svelte-loader のおかげで簡単にSCSSを使うことができました!

(ここまで便利だと標準で用意してほしいレベルですw)

Sapperのバージョンが上がると実装方法が変わってしまうかもしれませんが、なるべく追いかけていこうと思います :yum:

おまけ

ポートフォリオはSapperでいくことにしました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした