Instagram
api
Webサービス

Instagram Graph API と Instagram API Platform のアップデート発表を訳した

はじめに

Facebookから、Instagram Graph API と Instagram API Platformについてアップデートが行われるという発表がありました。

今回はその発表の内容をざっくり日本語に訳してみました。

ビジネス向けのInstagram Graph APIに3つの新機能が加わり、前からあった Instagram API Platformが2018年7月31日からの2年間でdeprecatedになっていくという話です。

mediaなどの用語については公式ドキュメントを参照してください。

Instagram Graph API: Features

詳しくは documentation を参照。

現在利用可能な機能

Insights

businesses が自身のInstagram business profileの価値あるメトリクスにアクセスし分析するのを助ける。
businesses がInstagram上のオーガニックコンテンツのパフォーマンスを理解し最適化できるようにする。

Comment Moderation

規模の相互作用を促進する。
businesses が彼らの media のコメントを通してより効率的にオーディエンスと関われるようにする。

新着機能

Content Publishing Beta

Facebook Marketing Partners と Instagram Partners だけが利用できる。
画像をフィードにキャプション付き(キャプション無し)で投稿する。

Business Discovery

business profiles の profile info や media を発見して読み込む。

Mentions

business がタグ付けもしくは@メンションされた public media を読み込む。
business がタグ付けもしくは@メンションされた media において、business の代わりにコメントを投稿する。

将来サポートされる機能

non-business profiles のための基本的な provissioning が、2019年初期にサポートされる。

Instagram API Platform: Deprecation

Instagram API Platform は3つのフェーズを経てdeprecatedとなる。

2018年7月31日まで利用可能なもの

  • Follower List - ユーザーの、フォローしているユーザやフォローされているのリストを読み込む
  • Relationships - ユーザーの代わりにアカウントをフォロー・アンフォローする
  • Commenting on Public Content - ユーザーの代わりに public media 上のコメントを投稿・削除する

2018年12月11日まで利用可能なもの

  • Commenting - ユーザーの代わりにオウンドメディア上のコメントを投稿・削除する
  • Public Content - ユーザーの代わりにあらゆる public profile や media を読み込む
  • Likes - ユーザの代わりに media のいいね・いいね解除を行う
  • Subscriptions - media が投稿されたら通知を受け取る

2020年初期まで利用可能なもの

  • Basic - ユーザーの profile info や media を読み込む

その他

  • Instagram business profile のユーザーをサポートするアプリケーションは、Instagram Graph API へ直ちに移行することが推奨される
  • 今回のアップデートに関する質問は Instagram Graph API Launch Q&A event で投稿できる。Facebookは 2018年2月9日まで回答を行う
  • Facebook Graph APIは新機能のアップデートを発表した。詳しくはblogにて。

さいごに

non-business profile向けの一部の機能を使っているアプリケーションは、2019年〜2020年でAPIを乗り換えることになりそうな予感です。InstagramログインについてはInstagram Graph APIに移行すればいいんでしょうか?
Instagram API Platformついてはごっそり機能が無くなる(非推奨になる)という印象です。機能が使えなくなり、成り立たなくなるWEBサービスが出て来る可能性も・・・