Swift

いろんな言語を渡り歩くエンジニア向け。久々にswiftに戻ってき確認する、超基礎

目的

 これはいろんな言語を渡り歩きすぎて久々に戻ってきた時に
 あれ?と思い最初にいつも調べることになる超基本的なところを
 メモ書きしているページです。

 swiftのバージョンでちょっと変わるかもしれない。

 ifの書き方、forの書き方、switchの書き方
 Array、Dictionaryとかそのレベルの話。

超基礎 変数定義

いろんな言語巡りすぎて、Dim?var?いらない?型宣言いるっけ?頭だっけ?ってなる。IntだっけIntegerだっけってなるから書いておく

test.swift
    //変数の宣言
    let aaa:Int; // 変数は最初の一回のみ
    var bbb:Int; // 変更がある場合はvarで定義

超基礎 if文

if文は比較的素直なきがする。

test.swift
    if(int_value < 0 ){
        print("Error")
        return;
    }
    if int_value > 100 { // ifの後の括弧をつける場合はスペース必須
        print("hello")
        return;
    }

超基礎 for文

for文は忘れる候補no1!

test.swift
    let int_value:Int = 10;
    for i:Int in 0..<int_value {
        print("for文の書き方あれこれ",i)
    }

    // _は破棄変数。
    // forEachを使う場合はループ変数を括弧の頭で "XX in"で受ける
    // 省略する場合は、$0
    // 処理内部で一度も$0を使用していない場合、_ inが必要
    Array(0..<int_value).forEach {
        _ in print("Array(0..<int_value).forEach")
    }

    //arrayの内容をindexとvalueで受けてループを回す
    let array = ["a", "b", "c", "d"]
    for (index, element) in array.enumerated() {
        if (index % 2) != 0 {
            print("\(index)つ目の要素:\(element)") // b, d
        }else{
            print("2で割り切れない場合非表示")
        }
    }

超基礎 switch

test.swift
    switch int_value { // intでswitch
    case 0:
        print("0")
        // breakいらない
    case 1:
        print("1")
        fallthrough // 次のもcaseも実行したい時
    default:
        print("以外")
    }

    let doubleSwitch : [Double] = [1.5,2.0,3.0]
    for (key,doubleAt) in doubleSwitch.enumerated(){
        switch doubleAt {
        case 0.0...2.0:
            print("\(key) : \(doubleAt) :doubleでswitch")
        case 2.0..<3.0:
            print("\(key) : \(doubleAt) :doubleでswitch")
        default:
            print("else")
        }
    }

    //switch でタプるも使えるよ
    let a = (10,20)
    switch a {
    case(let first, let second) where first == 10 && second < 10:
        print ("first 10 , second 10以下")
    case(let first , let second ) where first == 10 && second == 20:
        print ("first 10 , second 20 ")
    default:
        print("その他")


    }

超基礎 array

test.swift
var sampleArray:[String] = ["a","b","c"]
print(sampleArray.capacity) // サイズ
print(sampleArray.startIndex) //初期値
print(sampleArray.endIndex) //最後
print(sampleArray.count) //個数

sampleArray.append("add1")

超基礎 Dictionary

test.swift
var sampleDict : Dictionary = ["test":"hogehoge", "test2":"hugahuga"]
sampleDict["add"] = "tuika"
//keysの一覧をArrayに取得
let keys: Array = Array(sampleDict.keys)

//valueの一覧をArrayに取得
let values: Array = Array(sampleDict.values)

// 例えばtest3があった時は表示、ない時は追加みたいな処理。
if let test3 = sampleDict["test3"]{
    print("test3 is \(test3)") // test3がある時
}else{
    sampleDict["test3"] = "naiyo"
}

ちょっと番外編 arrayの中身を弄り

よく配列のnilを除いたりしたい時にやり方忘れる。

test.swift
    let array:[String?] = ["1","4",nil,"aaa","20"]
    let testflat = testIn.flatMap{ $0 }

    print(testflat)
    print(testflat.flatMap{Int($0)})

    let maxInt:Int = Int( testflat.flatMap{ Int($0)}.max()! )
    let minString:String! = testflat.flatMap{ String($0) }.min()

    print( maxInt ,"Int型")
    print( minString, "String型")