PHP
GitHub
travis

Travis CI | ド素人のための使い方 (公式ガイドより)

Travis CI for Complete Beginners - Travis CI より

動作確認用のレポジトリをForkする

https://github.com/plaindocs/travis-broken-example から Fork

手元にcloneする

手元に持ってくる

$ git clone git@github.com:YOUR_USER_NAME/travis-broken-example.git
$ cd travis-broken-example

設定ファイルを見てみる

.travis.yml
language: php # 言語
php:
- 5.5 # 環境その1
- 5.4 # 環境その2
- hhvm # 環境その3
script: phpunit Test.php # この処理がCIとして走る

テストスクリプトを見てみる

1+1=2 をテストしている。(なのでテストは失敗する)

Test.php
<?php
class Test extends PHPUnit_Framework_TestCase
{
    public function testOnePlusOne() {
        $this->assertEquals(1+1,1);
    }
}
?>

Travis CI に登録する

https://travis-ci.org/ より。

Travis でレポジトリを有効化する

image.png

ブランチが表示されない場合

「Sync account」を試す。

image.png

適当なコミットを作ってプッシュする

$ git add -A
$ git commit -m 'Testing Travis CI'
$ git push

テストが回り始める

image.png

テストが落ちる

image.png

テストファイルを修正する

1+1=2 にする。

Test.php
<?php

class Test extends PHPUnit_Framework_TestCase
{
    public function testOnePlusOne() {
-       $this->assertEquals(1+1,1);
+       $this->assertEquals(1+1,2);
    }
}

?>

git push する

新しいテストが回り、今度は成功する

image.png

バッジを付ける

ちょっと分かりにくいが、Travis CI の「バッジボタン」からタグを取得できる。
これを Github のREADMEなどに貼り付ければ良い。

image.png

Github の README を編集

image.png

表示

image.png