Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitLabアカウントをSourceTreeに登録する方法

More than 1 year has passed since last update.

SourceTreeにGitLabアカウントを登録する際につまづいたポイントの覚え書き。

概要

SourceTreeにGitLabアカウントを登録する際にパスワードの入力が必要となる。GitLabアカウントのパスワードを入力するも認証に失敗するため調べたところ、アクセストークンをパスワードとして入力しなければならないことが判った。

環境

  • macOS 10.14.2
  • SourceTree 3.0.1

手順

GitLab - アクセストークンの作成

GitLabにログインして Settings へ進み、Access Tokens タブをクリックする。

screencapture-gitlab-profile-personal_access_tokens-2019-01-16-05_45_33.png

リポジトリのread/writeを許可するため、以下の情報を設定して Create personal access token をクリックし、アクセストークンを作成する。

  • Name: トークン名
  • Expires at: トークンの有効期限
  • Scopes: api にチェックを入れる

screencapture-gitlab-profile-personal_access_tokens-2019-01-16-05_47_29.png

作成されたアクセストークンが表示される。下に注意書きされているように、トークンを後から閲覧することはできないため、ページを開いたまま次の手順へ進む。

SourceTree - アカウントの登録

必要な情報を以下の通り入力し、Generate Key をクリックしてSSH鍵を生成する。その後 Save をクリックすると、SSH鍵がアップロードされてGitLabアカウントが登録される。

  • Host: GitLab.com
  • Username: GitLabアカウントのユーザー名
  • Password: 前項で作成したアクセストークン(GitLabアカウントのパスワードではない)

Screen Shot 2019-01-16 at 5.55.05.png

考察

SourceTreeでは、アクセストークンを鍵としてGitLabアカウントを認証する。鍵は一対の情報としてサーバー(GitLab)とクライアントで交換されなければならないため、クライアント側ではパスワードとしてトークンを用いている。この仕組みを覚えていれば、他のサービスで同様の認証が必要になった際につまずくことはないだろう。

まとめ

GitLabでアクセストークンを作成し、SourceTreeにGitLabアカウントを登録する手順を示した。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした