Edited at

格安VPN対応ルータの紹介


概要

 格安で拠点間VPNを導入できる、という話です。

 実際には2,000円程度で購入できるVPNルータのご紹介です。 

 拠点間VPNを業者にお願いすると数十万では済まないというか、ルータだけでも普通は数万以上の世界なので・・・

 個人的には非常に良いものでしたが、まぁ、あくまでネタ投稿です。 



OpenVPNサーバを構築していることが前提なので、

https://qiita.com/SSMU3/items/8ea901031b2a0e7bb8f2

などを参考に、VPNサーバを構築しておきます。


設定方法


配線


インターネットにつながっているルータから、ケーブルを引っ張ってきて、WANの接続口にLANケーブルを接続します。


LANの接続口とパソコンのLANポートを接続します。


ルータの設定


リンクアップしたらブラウザを開いて、URLに「192.168.8.1」と入力します。


初期画面が開いたら、言語を選択して、「Next」をクリックします。


パスワードを入力して、「Submit」をクリックします。


設定画面が開きます。


左のメニューより「VPN」を選択し、「OpenVPN Client」をクリックします。


「+Add a New OpenVPN Configuration」をクリックします。


「ovpn形式(拡張子が「.ovpn」のOpenVPNファイル」を用意して、「Select a file or drag it hire.」にドラッグします。


うまくアップロード出来たら、次の画面になるので、「Connect」をクリックします。


以下の画面が出たら接続完了です。


DNS設定


私の環境では、DNSの解決がうまくいかなかったので、個別に設定しました。


終了

以上です。

私の環境では、これでOpenVPNのサーバにも、他にクライアント接続しているホストにもRDPやSSH接続することができました。

怪しげな製品ではありますが、通信を暗号化して使うなら、まぁありかなと。

ただし、あくまで自己責任で。


購入先

Amazonで購入できます。

https://www.amazon.co.jp/-iNet-MTK7628NN-WiFiミニ無線LANルーター-OPENWRT中継-USB給電ホテル用/dp/B073TSK26W/ref=sr_1_47?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=ルータ+vpn&qid=1568131322&s=gateway&sr=8-47