Appleに超特急レビューをお願いするには

  • 281
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ヘルプも日本語になっていたので、追記・修正
※2016/01/22現在

iTunesConnectのUIがかなり変わって日本語が所々に表示されるようになったので、このまま完全に日本語対応とXcodeの日本語が戻ってきてくれないかなという希望も込めつつ・・・
※2014/09/08現在

(※iOSアプリってどうやって公開するの???って気になった方はこちらへ

iOSアプリなどを公開する場合、
Appleによる審査が入るのですが、
それが長い!
体感的に早くても1週間弱・・・
新しい製品の発表間近な時はそれ以上かかったりします。
そんな中で、どうしても今すぐに公開したいという場合、

「Expedited Review」

というのがあります。
(※申請の前にAdhocではなくReleaseバージョンのアプリの動作確認をしたい場合はこちらへ

これは、致命的なバグや期間限定イベントに合わせたい時など、
一刻も早く申請を通したい時に使うもので、
体感ですが、1日程度で審査は終了します。

その手順を以下にまとめておきます。

超特急申請の手順

  1. まずは通常の申請手順と同じように、アップロードしレビュー待ちの状態にする
  2. iTunesConnectのトップページから「リソースとヘルプ」を選択
  3. 「連絡先」を選択(「連絡先を表示」のリンク)
  4. ドロップダウンから「App Review」「App Store Review」「Request Expedited Review」を選ぶ
  5. 出てきた文章中の「Request an Expedited App Review」というリンクをクリック(下のボタンは使わないようです)
  6. 電話番号、アプリ名、アプリID(レビュー待ちアプリのページで確認できます)、関連アプリのID(なければ空白)、プラットフォームを記載。
  7. あとは、急ぐ理由を「Critical Bug Fix」(緊急性のあるバグ修正)、「Time-Sensitive Event」(時間限定イベント)、「Other」(その他)の中から選択し、フリースペースに詳細な理由も記載(フリースペースの理由の部分は、日本語でも大丈夫なようですが、一応、翻訳した英語も一緒に記載して出しています。)
  8. 「Submit」ボタンで申し込みは完了
  9. 問題なければ、寝て起きると審査が通ってる!?

とりあえずは、今のところ断られたことはないのですが、
断られることもあるらしいので、ご利用は計画的に・・・
(申請は、余裕をもってやっておくのが一番^^;