Help us understand the problem. What is going on with this article?

PythonとOpenCVでリアルタイム顔検出する(Windows10)

環境

Windows 10 Pro
Python 3.7.4(Anaconda)
OpneCV 4.1.1

行程

  1. Anacondaをインストール
  2. Anaconda Navigatorで仮想環境を作成
  3. 作成した仮想環境にOpenCVをインストール
  4. 作業ディレクトリの作成
  5. 顔のカスケードファイルをダウンロード
  6. ページを参考にコードをコピペ
  7. カスケードファイルの場所を指定する(必須ではない)

1.Anacondaをインストール

適当にググってやりました。

2.Anaconda Navigatorで仮想環境を作成

コチラの記事を参照のこと。
Anaconda navigatorで仮想環境を作ってターミナルを開く(Windows10)

3.作成した仮想環境にOpenCVをインストール

コチラのページを参考にさせていただいた。
pip で OpenCV のインストール

Anaconda Navigatorで仮想環境のターミナルを開く(緑の▶をクリック)。

うまくいかなかった
pip install opencv-python

でインストールしてみる。

ソースコードを実行したら 「import cv2 できません。」と言われた。

追記 2019/10/15
上のコードでエラー出なかった。仮想環境が悪かったのかな?

以下のコードでインストールしなおした。
(気分で仮想環境から作りなおした)

うまくいった
python -m pip install opencv-contrib-python

4. 作業ディレクトリの作成

適当に作成する。

5.顔のカスケードファイルをダウンロード

GitHubのOpenCVのページ からダウンロードできる。

適当な場所に保存する。

必要なカスケードファイルを作業ディレクトリの中のフォルダにコピーして使用する。
(私はこの方が管理がしやすい。必須ではない)
(これをしない場合は作業7も不要かと思う)

6.ページを参考にコードをコピペ

このページ( Python, OpenCVで顔検出と瞳検出(顔認識、瞳認識) )の下の方にある、
「カメラを使ってリアルタイムで顔検出と瞳検出」を参考にさせていただいた。

7. カスケードファイルの場所を指定

ソースコード3,4行目に記載してあるカスケードファイルの場所を、
実際の保存場所と一致させる。

結果

カメラ画像の顔にリアルタイムで四角形を表示することができた。

(動作画像はすっぴんなので載せません)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away