Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Mitsu-Murakita

2.SoftLayerのBare Metal ServerにSDSのSpectrumScale4.2(SMB接続)をインストールしました (その2:CentOS7.1の設定~サーバー間の設定)

More than 3 years have passed since last update.

6-3. CentOS7.1の設定

ネットワークの設定が終わったので、ここからはTeraTermで操作します。
50.png

6-3-1. ホスト名の変更

cent701ホスト名の変更
[root@localhost ~]# hostnamectl set-hostname cent701 ⏎
cent702ホスト名の変更
[root@localhost ~]# hostnamectl set-hostname cent702 ⏎
cent703ホスト名の変更
[root@localhost ~]# hostnamectl set-hostname cent703 ⏎

6-3-2. cent701/cent702/cent703をHOSTSファイルへ登録

HOSTSファイルへの登録
[root@localhost ~]# vim /etc/hosts ⏎
【HOSTSファイル追加内容】
10.110.217.146 cent701 cent701.softlayer.com
10.110.217.147 cent702 cent702.softlayer.com
10.110.217.148 cent703 cent703.softlayer.com

6-3-3. ファイアーウォール 、SELinuxをオフ

今回は、テスト目的なので機能をオフにしました。本稼働の時は設定してください。
ファイアウォールの停止、無効化

firewalldの停止
[root@localhost ~]# systemctl stop firewalld ⏎
firewalldの無効化
[root@localhost ~]# systemctl disable firewalld ⏎

51.png

SELinuxの無効化

SELinuxの無効化
[root@localhost ~]# vim /etc/selinux/config ⏎
【config変更】
SELINUX=disabled

6-3-4. 時刻同期の設定

ここでは、時刻同期に「chrony」を使用しました。
SoftLayerのNTP「time.service.networklayer.com」を指定します。

SoftLayer-NTPの登録
[root@localhost ~]# vim /etc/chrony.conf ⏎
【chrony.conf追加】
server time.service.networklayer.com

6-3-5. リブート

ここまでの設定を反映するために、システムをリブートします。

リブート
[root@localhost ~]# reboot ⏎

92.png以上で「6-3. CentOS7.1の設定」完了です。

6-4. サーバー間の設定

cent701/cent702/cent703相互にパスワード無しでSSH接続できるように設定します。

6-4-1. 秘密鍵、公開鍵の作成

/root/.ssh/ ディレクトリーの作成

.sshディレクトリーの作成
[root@cent701 ~]# mkdir ~/.ssh ⏎

秘密鍵、公開鍵の作成
パスフレーズは指定しません。

秘密鍵、公開鍵の作成
[root@cent701 ~]# ssh-keygen -t rsa -f .ssh/id_rsa_${HOSTNAME} ⏎

52.png

cent702/cent703の公開鍵をcent701に集めます。

cent702の公開鍵をcent701へコピー
[root@cent702 ~]# scp ~/.ssh/id_rsa_${HOSTNAME}.pub root@cent701:~/.ssh/ ⏎
cent703の公開鍵をcent701へコピー
[root@cent703 ~]# scp ~/.ssh/id_rsa_${HOSTNAME}.pub root@cent701:~/.ssh/ ⏎

すべての公開鍵をcent701のauthorized_keysに追記します。

公開鍵をcent701のauthorized_keysに追記
[root@cent701 ~]# cat ~/.ssh/id_rsa_cent701.pub > ~/.ssh/authorized_keys ⏎
[root@cent701 ~]# cat ~/.ssh/id_rsa_cent702.pub >> ~/.ssh/authorized_keys ⏎
[root@cent701 ~]# cat ~/.ssh/id_rsa_cent703.pub >> ~/.ssh/authorized_keys ⏎

cent701のauthorized_keysをcent702/cent703へ配布します。

authorized_keysを配付
[root@cent701 ~]# scp ~/.ssh/authorized_keys root@cent702:~/.ssh/ ⏎
[root@cent701 ~]# scp ~/.ssh/authorized_keys root@cent703:~/.ssh/ ⏎

ssh設定ファイルの編集

ssh_configの編集
[root@cent701 ~]# vim /etc/ssh/ssh_config ⏎
【編集箇所】
RSAAuthentication yes
PasswordAuthentication no
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_ホスト名

ホスト名には各サーバーのホスト名を入力してください。

sshの再起動

sshの再起動
[root@cent701 ~]# /usr/sbin/sshd –t ⏎
[root@cent701 ~]# systemctl restart sshd.service ⏎

ssh接続の確認

ssh接続の確認cent701⇒cent702
[root@cent701 ~]# ssh cent702 ⏎
ssh接続の確認cent701⇒cent703
[root@cent701 ~]# ssh cent703 ⏎

同様に、cent702⇒cent701 /cent702⇒cent703 / cent703⇒cent701 /cent703⇒cent702も確認します。

92.png以上で「6-4. サーバー間の設定」完了です。



◇「その1:仮想マシンの作成~GuestOSの導入」


◆「その2:CentOS7.1の設定~サーバー間の設定」


◇「その3:Spectrum Scaleインストール」


◇「その4:クラスターの構築~クライアントPCから接続確認」

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?