Help us understand the problem. What is going on with this article?

vagrantでCyberduckに接続

はじめに

Qiitaに記事を書くのは初めてです。vagrantでCyberduckに接続するやり方で詰まったので個人用として書きます。やり方はあっていると思います。

開発環境&前提

  • macOS
  • CentOS7.6(vagrant+VirtualBox)
  • Cyberduckインストール

ターミナルでの作業

まずターミナルを開いて、$vagrant upをしてください(サーバー起動)。サーバーが起動したらVagrantfileのディレクトリに移動して、
$vagrant ssh-configを実行する。そうすると下記のようにでます。

Host default
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile /Users/username/vagrant/MyCentOS/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

これらの内容は記録しといてください。そうしたらCyberduckに移動してください。

Cyberduckでの作業

Cyberduckに移動したら左上にある新規作成を押します。今回はプロトコルをSFTP (SSHによる暗号化 FTP)にします。
スクリーンショット 2019-02-11 13.36.18.png

あとはサーバ、ポート、ユーザー名、パスワードをしてすれば接続できます。そこで$vagrant ssh-configを実行内容を使います。

  • HostName = サーバ(127.0.0.1)
  • Port = ポート(2222)
  • User = ユーザー名(vagrant)

サーバ、ポート、ユーザー名このようになります。で、パスワードもユーザー名と同じように

  • パスワード = vagrant

になるはずです。それで接続できれば大丈夫です。だけど接続できないときもあります。

接続できなければ

接続できなければSSH Private KeyIdentityFileを指定すれば接続できるはずです。

/Users/username/vagrant/MyCentOS/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key

途中のファイルから隠しフォルダ内にあるのでCommand + Shift + Gでファイルを指定してください。
スクリーンショット 2019-02-11 19.20.20.png
これで接続できるはずです。
スクリーンショット 2019-02-11 18.00.46.png
このような画面になれば成功です。

まとめ

同じような記事はあると思いますけど初心者がわかるような記事になるように、なりより自分が次にした時にすぐ理解できるように書きました。

参考サイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away