Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Kodak_tmo

AWS Toolkits for Visual Studio Code (プレビュー)を使ってみました

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは、弊社に入社して3ヵ月の@Kodak_tmoです。
12/22にも記事を書く予定ですが、12/05分が空いていたので、急遽、筆を取ることにしました。

AWS re:Invent2018 終わりましたね。
相変わらず発表されたものが多すぎて、あまり情報を追いきれていないのですが、@izanariさんに進められたのと個人的な興味もあったので、今回発表された「AWS Toolkits for Visual Studio Code (プレビュー)」について書いていきたいと思います。

「AWS Toolkits for Visual Studio Code (プレビュー)」とは?

簡単に言えば、AWS ToolkitsをVisual Studio Code(以降、VSCode)で(プレビュー版だけど)使えるようにしたよ。と言う事。

AWS ToolkitsをVSCodeに入れる事で、VSCode上でAWSの以下機能が使えるようになります。

  • 好みのランタイムで、Lambdaの新規作成が可能。
  • ローカルでLambdaのデバックが可能。
  • 特定のAWSのリージョンにデプロイが可能。
  • ローカルやリモートでLambdaを動かせる。
  • Lambdaを動かすためのイベントソースのサンプルを用意、自身でカスタマイズも可能。

今回の記事では、VSCodeに限定していますが、他にも以下2つのエディターに対して、AWS Toolkitsの対応が行われています。

  • PyCharm
  • IntelliJ(プレビュー)

PyCharmにプレビューと書かれていないのは、PyCharmへの対応が先駆けて行われており、今度PyCharmに対応した同様の機能をIntelliJとVSCodeに提供して行くとの事です。

さっそくインストールしてみる

AWS ToolkitsをVSCodeへ入れる方法は、以下GitHub記載の方法で行います。
https://github.com/aws/aws-toolkit-vscode

1) GitHubからcloneする

git clone https://github.com/aws/aws-toolkit-vscode.git
cd aws-toolkit-vscode

2) ビルドする

npm install
npm run package

3) ビルド完了後、vsix拡張子のファイルが作られるので、そのファイルに対してcodeコマンドを実行する

Successfully copied all clientside dependencies.
Created: /tmp/aws-toolkit-vscode/aws-toolkit-vscode-0.0.1.vsix
code --install-extension aws-toolkit-vscode-0.0.1.vsix

補足) codeコマンドって何?(こんなコマンドがあったのかー)

ターミナルからVSCodeを起動させるコマンドです。VSCodeを使ってcodeコマンドのインストールを行います。方法は以下の通り。

  1. VSCodeを立ち上げる。
  2. Command + Shift + Pでコマンドパレット開く。
  3. コマンドパレットに"Shell"と入力して検索。
  4. 「シェルコマンド:PATH 内に'code'コマンドをインストールします。」を選択する。

使ってみる

VSCodeの左端にawsのマークが追加された事がわかります。
また、コマンドパレットに"AWS: "と入力すると、現時点で用意されている機能が表示されます。
aws-toolkits_view.png

VSCodeを使ってAWSにログインするには、credentialsとconfigの設定が必要です。
上記コマンドパレットの"AWS: Create Credentials Profile"を選択すれば設定画面(~/.aws/credentialsと~/.aws/configファイルが開く)が出てきます。
aws-toolkits_credentials.png

さらっと現時点で用意されている機能を見てみる

AWS: Connect to AWS

AWSにログインする。

AWS: Sign out

AWSからログアウトする。

AWS: New Lambda Function or Serverless App

Not yet implemented!(未実装)

AWS: Lambda ビューにフォーカスする

左側のAWS Lambdaのリストにフォーカスする。

AWS: Create Credentials Profile

~/.aws/credentialsと~/.aws/configファイルを開く。

AWS: Deploy Lambda Function

Not yet implemented!(未実装)

AWS: Get Lambda Function Configuration

AWS LambdaのFunction情報を開く。

AWS: Get Lambda Function policy

AWS Lambda Functionのpolicy情報を開く。

AWS: Show region in the Explorer

特定のリージョンを開く。

AWS: Hide region from the Explorer

特定のリージョンを閉じる。
(閉じたリージョンは、AWS: Show region in the Explorerから開くことができる)

AWS: Invoke Lambda Function

自身で作成したjsonファイルまたは、イベントソースのサンプルを使って、Lambdaを実行する。
aws-toolkits_lambda.png
aws-toolkits_lambda_sample.png

結局、現時点でできる事って?

以下2つの機能だけ使えます。(ローカルでの実行もできません。)

  • ローカルやリモートでLambdaを動かせる。
  • Lambdaを動かすためのイベントソースのサンプルを用意、自身でカスタマイズも可能。

プレビュー版なので、まだまだ出来る事は少ないですが、これからに期待という感じです。
使い慣れたエディターを使って、Lambdaをローカルでデバックやデプロイ等ができると凄く便利だろうなぁ・・・というのを垣間見る事ができました。

機能追加が待ち遠しいですね。


:christmas_tree: FORK Advent Calendar 2018
:arrow_left: 04日目 『AWS Loft Tokyo』に行ってみた @otamma
:arrow_right: 06日目 WEBサーバの代わりに AWS Amplify Console を利用できるか検証してみた @momoken

9
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Kodak_tmo
約11年間、客先常駐でマネジメントを続けてきて、技術力が全く無くて後悔していた人。34歳でWebエンジニアへ転職して、技術力を身につけて行こうと決意。
fork
株式会社フォークは、Webサイトの企画・制作・開発・サーバホスティング・コンタクトセンターを一社に集約したワンストップソリューションを展開する制作会社です。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?