Help us understand the problem. What is going on with this article?

M5StackでWHILL Model CRの電源をON/OFFしてみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この記事はWHILL Advent Calendar 2018の6日目の記事です。


今流行りのM5StackでModel CRが制御できるので、一番簡単な電源ON/OFFをやってみました。

WHILL Model CRとは

RS232Cで外部から制御できるパーソナルモビリティです。
詳しくはこちらのページご参照ください。
https://whill.jp/model-cr

image.png

準備するもの

接続方法

M5StackのHardwareSerial2(16,17pin)を使うため、Model CRから出ているRS232Cケーブルから、下記のポートに接続します。

M5Stack RS232C-TTLコンバータ
16pin(RXD) TXD
17pin(TXD) RXD

あとは、3.3VとGNDを各々接続します。

Arduino SDKの取得

Model CR用のArduino SDKをダウンロードしてライブラリに追加します。
M5StackではHardwareSerialを使用するので、esp32ブランチを使用してください。(masterはSoftwareSerialを使用しています。)

https://github.com/WHILL/whill-sdk-arduino/tree/esp32

ライブラリの詳しい使用方法はこちらの記事を参照ください。
ArduinoからWHILL Model CRを動かす

電源ON/OFFのコーディング

このようなコードを書けば電源ON/OFF出来ます。
- Aボタン:電源ON
- Bボタン:電源OFF

M5Stack_whill_power_control.ino
#include <M5Stack.h>
#include "WHILL.h"

#define LCD

WHILL whill(&Serial2);

void setup()
{
  Serial.begin(115200);
  // Power ON Stabilizing...
  delay(500);
  M5.begin();

  M5.Lcd.setTextColor(GREEN);
  M5.Lcd.setTextSize(4);
  M5.Lcd.clear(BLACK);
}

void loop() {
  M5.update();
  if (M5.BtnA.wasPressed())
  {
    whill.setPower(true);  // Turn WHILL on
    M5.Lcd.clear(BLACK);
    M5.Lcd.setCursor(0, 0);
    M5.Lcd.println("POWER ON");
  }
  if (M5.BtnB.wasPressed())
  {
    whill.setPower(false);  // Turn WHILL off
    M5.Lcd.clear(BLACK);
    M5.Lcd.setCursor(0, 0);
    M5.Lcd.println("POWER OFF");
  }
}

おまけ

POWER ON/OFFのテキスト表示だけだとそっけないのでアバターくんに喋らせてみました。

最後に

M5 StackにつないでModel CRの電源ON/OFFしてみました。

Arduino SDKにはJoystickの制御など諸々用意されていますので、簡単にM5Stack経由でModel CRを動かすことも出来ます。
是非試してみてください。

KatsuShun89
組み込みソフトウェアエンジニアからの組み込まないエンジニアへの脱皮を目指しています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした