Help us understand the problem. What is going on with this article?

最新RedisのUbuntuへのインストールとPythonで使うまで

More than 1 year has passed since last update.

今更ながら、初めてNoSQLを触りました。
最新RedisのUbuntuへのインストールとPythonでRedisを使うまでのメモです。aptで入れようとしたらReidsのバージョンが古かったので、公式から最新の安定版をダウンロードしています。
Redisのデータ型とクエリについては別記事「【初心者向け】Redisのデータ型とPythonでの使い方サンプル」を参照ください。

環境

前提としてCURLとpyenvが入っているくらいでしょうか。pyenvインストールと設定については記事「UbuntuにpyenvとvenvでPython開発環境構築」を参照ください。

種類 バージョン 内容
OS Ubuntu18.04.01 LTS 仮想で動かしています
Redis 5.0.4 2019/3/22時点でStableの最新です
pyenv 1.2.9 複数Python環境を使うことがあるのでpyenv使っています
Python 3.7.2 pyenv上でpython3.7.2を使っています
パッケージはvenvを使って管理しています

手順

公式「Installation」をほぼそのまま実行しています。

1. Redisダウンロード

Redisをダウンロードして解凍。

wget http://download.redis.io/releases/redis-5.0.4.tar.gz
tar xzf redis-5.0.4.tar.gz

2. Redisビルドとインストール

makeでビルド。

cd redis-5.0.4
make

インストール。

sudo make install

3. Redis起動と確認

Redisの起動。デフォルトで/usr/local/bin/にインストールされていました。

/usr/local/bin/redis-server

CLIを使ってインストール確認

/usr/local/bin/redis-cli
127.0.0.1:6379> set foo bar
OK
127.0.0.1:6379> get foo
"bar"
127.0.0.1:6379> exit

4. redis-pyインストール

venvの仮想環境py37でpipを使ってredis-pyをインストール。バージョン3.2.1がインストールされました。

source venv/py37/bin/activate
pip install redis

5. redis-py確認

cliからパッケージをimportし、先程登録した"foo"に対する値を取得できるか確認します。

python
Python 3.7.2 (default, Jan  6 2019, 18:40:05) 
[GCC 7.3.0] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> from redis import Redis
>>> r = Redis()
>>> r.get("foo")
b'bar'
>>> r.delete("foo")
1
>>> exit()
FukuharaYohei
気の向いたままにいろいろと書きます。 仕事はSAP関連で、HANA、Fiori、SAPUI5、BusinessObjectsなどいろいろやっています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした