Node.jsインストールした際のつまづきメモ


Node.jsインストールした際のつまづきメモ

Node.jsインストールした際、よくわからないことがあったため調べたことのメモです。

## 公式ホームページからDLしてみた(あとでやり直す)

まずググると出てくる公式ホームページからpkgでインストールしてみる。

https://nodejs.org/ja/about/

インストールするとDockerみたいにアプリがインストールされないかな、と思ったけど特になく。

どこにインストールされたかわからない。。

スクリーンショット 2018-09-01 15.40.56.png

もう一度インストーラを見ると、


/usr/local/bin/node


にインストールされるらしい。

確認すると確かにあった。

MacBook-Pro:~ $ ll /usr/local/bin/node 

-rwxr-xr-x 1 root wheel 35394704 8 15 23:43 /usr/local/bin/node

開くとバイナリファイルらしい。(/usr/local/bin/にあるからそりゃそうか)

ガイドを見ると、

How do I start with Node.js after I installed it?

https://nodejs.org/ja/docs/guides/getting-started-guide/

"app.js"を作成するようであるが、どこに作るのだろう。

const http = require('http');

const hostname = '127.0.0.1';
const port = 3000;

const server = http.createServer((req, res) => {
res.statusCode = 200;
res.setHeader('Content-Type', 'text/plain');
res.end('Hello World\n');
});

server.listen(port, hostname, () => {
console.log(`Server running at http://${hostname}:${port}/`);
});

## やっぱりnodebrewを利用してDLする。

不安なのでnode.jsのインストールの仕方を調べる。

Qiitaを見ると、nodebrewを使ってやるのが良さそうだ。

Macにnode.jsをインストールする手順。

https://qiita.com/akakuro43/items/600e7e4695588ab2958d


nodebrewとは、nodeのバージョンを管理・切替するツールのことです。


一度pkgでインストールしているのでアンイストール

### MacにpkgでインストールしたNode.jsをアンインストールする手順

https://qiita.com/yoshikoba/items/4906829faaaae8c73e56

上記リンクと同じように、「org.nodejs.node.pkg.bom」があったので同じようにアンインストール

(コマンドはまとめてコピーだと不可で、記載の通り1行ずつ書くと成功した)

homebrow、nodebrewのインストールは問題なし。

homebrowインストール時エラーになったけど、スタバのwifiの電波が悪く通信断になっただけ。

(度々切れたので場所を変えた)

curl: (6) Could not resolve host: github.com

Error: Failed to download resource "nodebrew"
Download failed: https://github.com/hokaccha/nodebrew/archive/v1.0.0.tar.gz

### node.jsのインストール => No such file or directory

いよいよnode.jsのインストール。

以下コマンドで最新のバイナリファイルをインストールすると・・

nodebrew install-binary latest

次のエラーが

MacBook-Pro:~ $ nodebrew install-binary latest

Fetching: https://nodejs.org/dist/v10.9.0/node-v10.9.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file
Warning: /Users/XXXXXX/.nodebrew/src/v10.9.0/node-v10.9.0-darwin-x64.tar.gz:
Warning: No such file or directory
0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 1057)
download failed: https://nodejs.org/dist/v10.9.0/node-v10.9.0-darwin-x64.tar.gz

ディレクトリがないようであるが、調べると確かにない。

一度pkgをアンインストールしているのでその際に消えたのか、もしくは単純に作成すれば良いのか。

ググると同じような症例があり、単純に作成しているので同じように作る。

### Node.jsのインストールに失敗する時の解決策(No such file or directory)

https://qiita.com/yn01/items/d1fa10dbe4850f7cd693

すると成功した。

MacBook-Pro:~ $ mkdir -p ~/.nodebrew/src

MacBook-Pro:~ $
MacBook-Pro:~ $ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v10.9.0/node-v10.9.0-darwin-x64.tar.gz
# ##
~略~
################################################################ 100.0%
Installed successfully

MacBook-Pro:~ $


バージョンを指定してインストール

バージョンを確認すると以下だった

MacBook-Pro:~ $ nodebrew list

v10.9.0

current: none

v10.3.0 が欲しかったのでバージョン指定してインストールする。

MacBook-Pro:~ $ nodebrew install-binary 10.3.0

Fetching: https://nodejs.org/dist/v10.3.0/node-v10.3.0-darwin-x64.tar.gz
# ##
~略~
####################### 100.0%
Installed successfully

問題なく完了。

あとはインストールしたnode.jsのバージョンを有効にし、

MacBook-Pro:~ $ nodebrew use v10.3.0

use v10.3.0

実行パスを通す

MacBook-Pro:~ $ echo 'export PATH=$PATH:/Users/takuya/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc

ここでターミナルを再起動

インストールされていることを確認。

MacBook-Pro:~ $ node -v

v8.11.4