Help us understand the problem. What is going on with this article?

ビットマップスタイルデザイナの使い方

More than 1 year has passed since last update.

Delphi, C++Builder にはビットマップスタイルデザイナというツールが付属しています。(Starterにも付属しています)
このツールは、Delphi, C++Builder のアプリケーションやアプリケーション内のコントロールの外観(スタイル)を自分で作成・設定できるツールです。

ここでは、Delphi 10.2.1 Tokyo Starter 付属のビットマップスタイルデザイナを使用しています。

この記事は、以前 EDN に書いた記事を 10.2.1 Tokyoでリライトしたものです。

画像イメージを作成

  1. Windows のペイントを起動してお絵かき開始。5色の△だけの簡単なものです。ガチなスタイルを作るのであれば、illustratorなどで、それ相当の見栄えの良い画像を作ってください。
    qiita01.png

  2. 透過処理を行ないます。メニューの[選択]の▼をクリックして、[すべて選択]⇒[透過の選択]で、透過処理を行ないます。
    qiita02.png

  3. ファイルを保存します(ここでは PNGとして保存)

スタイルファイルを作成

  1. ビットマップスタイルデザイナを起動します。ここでは FireMonkey アプリケーション用の Windows スタイルを定義します。
    画面は Starter エディションのメニュー画面です。
    qiita03.png

  2. [ファイル|新規作成|Windowsスタイル]で新たにスタイルファイルを作成します。
    qiita04.png

画像イメージファイルを追加

新規作成したスタイルファイルに、作成した画像イメージファイルを追加します。
1. 左側のオブジェクトのツリーの中にある Images をマウスで選択します。この Images に使用する画像ファイルを追加して保存し、使用します。
2. [追加]ボタンをクリックして、作った画像ファイルを読み込みます。
qiita05.png
3. 読み込んだ画像イメージが表示されます。マスク(不要な部分)色を指定して必要な画像イメージのみとしておき、[OK]ボタンをクリックして保存します。
qiita06.png

コンポーネントに画像を設定する

それぞれのコンポーネントごとに表示するイメージを設定します。ここでは Button コンポーネントの表示イメージに作った画像を設定します。
1. 左側のオブジェクト内の Objects のツリーを展開します。
2. 展開された項目内の Button を展開します。
3. 展開された中にある Faceを選択します。右側の画面がオブジェクトビューアとインスペクタに変わります。
4. インスペクタ上の Bitmapを選択し[...] ボタンを押します。
qiita07.png

  1. ビットマップのプロパティ画面が開きます。左側の「ビットマップ」の所に読み込んだファイル名が表示されています。そのファイルを選択します。
  2. マウスの左クリックで、左上位置、右クリックで右下の位置を指定し、ボタンのイメージとして表示したいイメージを囲い、[適用] ボタンを押します。 qiita08.png

適用した後の画面
qiita09.png

Bitmap(通常), BitmapDisabled(無効), BitmapFocused(FireMonkeyフォーカス時), BitmapHot(VCLのフォーカス時), BitmapPressd(押したとき) が設定できます。

ビューアで確認できるよ

ビットマップスタイルデザイナのツールバーの所にある緑の△ボタン隣にある▼ボタンを押し「VCLスタイルのテスト」「デスクトップスタイルのテスト(FireMonkey)」を選択して実行すると、スタイルビューアが起動して、設定した状態を確認できます。
qiita11.png

qiita10.png

CYonezawa
風都在住の万事屋
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした