Help us understand the problem. What is going on with this article?

LINEボットにしゃべらせてみる

More than 1 year has passed since last update.

今回は、LINE Messaging API、Repl-AIを使ってLINEボットにしゃべらせてみようと思う。
プログラム?heroku?何それおいしいの?という諸兄必見。
Repl-AIを使えばプログラミングレスでbotが作れてしまうのだ。

なお、準備は下記の記事を参考に。

LINE@でbotを始めてみる:Qiita

Repl-AIを使ってみる:Qiita

Repl-AI とLINEを連携させる

Repl-AIでLINE連携の設定をする

  • Repl-AIのマイページで、「LINE連携」ボタンから設定する。

Repl-AI_LINE

  • LINE Messaging APIのチャネルID、トークンなどを登録、でおしまい。 なお、アクセストークンは事前に「再発行」で発行しておこう。 ここで表示されるRepl-AIへのWebhook URLをコピーしておく。

Repl-AI_LINE_2.jpg

LINE DevelopersからRepl-AIへのWebhook送信設定をする

  • 「Webhook URL」に先ほどのURLを設定、以上。 これでもう自分のLINE@アカウントと雑談できるようになっているはずだ。

LINE@MESSAGING_setting.jpg

ASLA
名もなきエンジニアのメモログです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away