Python
pip
Fiddler
TensorFlow

Windowsで認証プロキシを回避してpip install tensorflowする方法

はじめに

昨今のAIブームの煽りを受けて社内でOSSを使うことになったエンジニアも相当数いるのではないでしょうか。
社内でOSSを使おうとすると認証プロキシの影響でうまくいかないことありますよね。
私は認証プロキシ下でpip installをしようとして試行錯誤しました。
周りにも困っている人がいたので助けになればと思い認証プロキシとpip install のキーワードがセットになっている記事を作成しました。

この記事では、認証トークンを初めからヘッダーへ挿入しておき、プロキシの認証ステップをスキップすることで対応する方法を紹介します。
pip install を他の認証プロキシに対応していないアプリケーションに置き換えても本記事の方法でいけると思います。

ダウンロード

まずは以下をダウンロードしてください。

fiddler
https://www.telerik.com/download/fiddler
Fiddlerは、Webアプリケーションのデバッグやセキュリティチェックに使われる、ローカルプロキシです。

Fiddlerをインストールする

ダウンロードした以下のファイルを実行してください。

FiddlerSetup.exe

Fiddlerを起動する

ダイアログが表示されますが、キャンセル、いいえを選択していけば大丈夫と思います。
※内容はバージョンによって変わるの自身で判断してください。

Fiddlerをセットアップする

次の二つの手続きを行うことで、認証プロキシに対応していないアプリケーション(ここではpip install)を、認証プロキシ環境下で動くように設定していきます。

  1. 認証トークンを取得する
  2. HTTP・HTTPS通信時のヘッダーに強制的に認証トークンを挿入するようスクリプトを変更する

以下の記事の以下の章を参考にしてセットアップを進めてください。
https://qiita.com/Nuits/items/1bd84b45b0b092527d8d

 Fiddlerをセットアップする
  認証トークンを取得する
  Fiddlerのスクリプトを変更し、認証トークンをヘッダーへ挿入する

Pythonをインストールする

Python公式からWindows向けのpythonをインストールしてください。
https://www.python.org/downloads/

tensorfowをインストールする

コマンドプロンプトから以下を入力してインストールしてください。
$ pip install tensorflow

おわりに

以下の記事をかなり参考にさせていただいています。
https://qiita.com/Nuits/items/1bd84b45b0b092527d8d