pixi.js

Pixi.js v4で自前のcanvas使う

自分用メモ

公式みるとcanvas作るときにはこんな感じ

// Create the application
const app = new PIXI.Application();

// Add the view to the DOM
document.body.appendChild(app.view);

これでbodyにcanvasタグ追加してくれる。
でもcanvasにクラスとか振れない、optionにも直接それっぽいのがないので、
optionの中のviewを使った。

<canvas class="any-class" id="js-canvas"></canvas>

それをnew の際のoptionに渡すと、クラスが振られたcanvasが生成される

// optionを渡す
const app = new PIXI.Application({
    view : document.getElementById("js-canvas")
});

// これは一緒
document.body.appendChild(app.view);

こんなんでいけた