Help us understand the problem. What is going on with this article?

筋肉供養 ~Special Edition~

More than 1 year has passed since last update.

目次

  • はじめに
  • 機能概要
  • お手製グッズの作り方
  • QRコード
  • 感想と反省点

はじめに

 この度、拙著の記事[LINE BOT]今日の日焼け止めクリームを教えてくれるLINE BOTを作ったが、思いのほか好評を博した。
 これを受けて、自分の価値観が揺らいでしまった。
 というのも、自身の感覚として、筋肉でIoTを発信していくことで、生まれ出ずるモノがあると信じていた。実際にLINE BOTを作り、発信し、筋力と技術力を高めることで素晴らしいLINE BOTを発想、開発できると思い、日々努力してきた。しかし、ありきたりな発想しか出てこないのだ。また、拙著の記事に筋肉要素が大してないことを自覚してしまった。これでは、創造性が失われかねない。
 そこで、今まで開発したLINE BOTやLIFFを組み合わせ、一つのLINE BOTにまとめ上げた。

 一先ず、自分の方針について考え直す時が来た。

 これを筋肉供養と称し、新たなステージに進みたい。

機能概要

コードについては、GitHubに公開しているので、参考にされたし。
※API部分は、自分のキー情報などに合わせて編集してください。

タイトル:スムージーチェッカー
[LINE BOT]
画像認識(スムージー)
リッチメニュー 実装したのみ。実装方法は拙著の記事を参照されたし。

[LIFF]
日焼け止めクリーム推薦ページ、ARTを感じられるページを実装。
以下画像はLIFF画面

日焼け止めクリーム推薦ページ
内容は拙著の記事を参照されたし。
![

ARTを感じられるページ
内容は、Custom Visionの画像認識APIを使用した、筋肉的芸術作品識別である。
webページでは動くが、Androidでは動かない。その理由は不明。どうやら、jQueryの$がAndroidで機能しないようだが、その対処法が分からない。。。

お手製グッズの作り方

日焼け止めクリーム推薦ページを実装する際に、以下のようなグッズを自作した。
ビーズブレスレットについて、作るには相応の技術が必要だ。
自分は、このサイトを参考に、下画像にあるブレスレットを作った。友人や家族とともに、交流がてら作成するのも面白い。
意外と、子供は器用だということを実感した。

まぁ、すぐバラバラになったけど
ビーズ等の情報は、拙著の記事を参照頂くとして、キーホルダータイプも作ってみた。

この機能の要点としてUVチェックビーズがある。
これを太陽の下に曝すと色が変わり、その色の濃さで紫外線の強度を計測する。
どの様に色が変わるのかは、この動画を参照されたし。

QRコード

宜しければお使いください。

QRCode.png

感想と反省点

 今回、自作LINE BOTたちの供養と、今までの知見のまとめを兼ねてこの様なLINE BOTを開発した。新要素としてCustom Vision APIを活用したが、これがとても面白い。
少数の教師データ(必要最低数は5枚)で画像認識AIを作成できる。しかも、今ならAzureを12ヶ月無料で使えるので、お試し感覚で利用するのも良いかもしれない。
ただし、Custom Vision APIは従量課金のようなので、使い過ぎには注意されたし。
 また、反省点としては、筋肉についての調査が甘かったという一言に尽きる。
筋肉を突き詰めるのであれば、ネット検索だけでなく、聞き込みやジムのスタッフに取材するなど、行動するべきだった。それをしないで筋肉LINE BOTを開発しようとしても、できるはずがない。それに、巷には筋肉に纏わるサービスやアプリケーションが多く、切り込む余地がないように思われる。それらの要因があり、今回の供養に結び付いた。
 少々ヘコむ経験をしたが、これを糧に、自身の方向性を見定め、理想のアプリケーションを開発したい。

zerozeronineking
筋トレとゲーム、サバゲー、飲酒を好む男。 筋力だけでなく、技術力も付けたい… https://protoout.studio/ 上記環境にて技術力を付けている、と思う。
protoout-studio
プロトアウトスタジオは日本初のプロトタイピング専門スクールです。プログラミングだけではなく、企画力と発信力を身に付けて”自分で課題を見つけて実装し、発信し続ける人”を育成しています。 圧倒的なアウトプット力を身に付けましょう。 学生募集中です。
https://protoout.studio
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away