Edited at

最も簡単なDockerの公式セットアップ方法(CentOS/Ubuntu)

More than 1 year has passed since last update.


概要「覚えるのはget.docker.comだけ」

Docker が公式 https://get.docker.com/ で配布している便利なスクリプト(Convenience Script)を使うと、ディストリビューションを自動判別して(CentOS 7/Debian 8/Ubuntu/Fedora)自動的にリポジトリの設定と Docker Engine パッケージのセットアップを行う方法があります。

本番環境では非推奨ですが(作業にはroot権限が必要なためと、意図しないバージョンのセットアップの可能性)、 新規環境 でテスト用途や検証で素早く Docker を使うには便利な方法です(稼働中の環境で実行すると、既存の設定を上書きする場合があります)。

以下、CentOS 7 と Ubuntu 18.04 で Docker CE(Community Edition) をセットアップする手順です。


ポイント

https://get.docker.com にアクセスして出てくる内容が、セットアップ用スクリプトそのものです。そのため、この URL さえ覚えておけば、ブラウザからでも、あるいは curlwget で簡単にセットアップできます。

get-docker.png


手順


CentOS 7 の場合


  1. サーバにログインし、root または sudo su - などで同等の権限に切り替えます。

  2. セットアップ用コマンドを実行します。

$ curl -fsSL get.docker.com -o get-docker.sh

# sh get-docker.sh

これは https://get.docker.com/ のファイルを get-docker.sh に保存します。ファイルはシェルスクリプトなので、 sh get-docker.sh でセットアップ用スクリプトを実行します。

3. Docker Engine を起動します。

# systemctl start docker

# systemctl enable docker

4.動作確認をします。

# docker version

Client:
Version: 18.06.1-ce
API version: 1.38
Go version: go1.10.3
Git commit: e68fc7a
Built: Tue Aug 21 17:23:03 2018
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: false

Server:
Engine:
Version: 18.06.1-ce
API version: 1.38 (minimum version 1.12)
Go version: go1.10.3
Git commit: e68fc7a
Built: Tue Aug 21 17:25:29 2018
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: false

Server: の部分の応答があれば問題ありません。

5. Docker を楽しみましょう。docker コマンドが普通に使えます。

6. 後片付け

不要になったらパッケージとデータ用領域を消せます。

# yum remove docker-ce

# rm -rf /var/lib/docker


Ubuntu 18.04 LTS の場合


  1. セットアップ用のスクリプトをダウンロード&実行します。

$ wget -O get-docker.sh https://get.docker.com

$ sudo sh ./get-docker.sh

2.動作確認をします。

# docker version

Client:
Version: 18.06.1-ce
API version: 1.38
Go version: go1.10.3
Git commit: e68fc7a
Built: Tue Aug 21 17:24:51 2018
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: false

Server:
Engine:
Version: 18.06.1-ce
API version: 1.38 (minimum version 1.12)
Go version: go1.10.3
Git commit: e68fc7a
Built: Tue Aug 21 17:23:15 2018
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: false

Server: の部分の応答があれば問題ありません。

3. Docker を楽しみましょう。docker コマンドが普通に使えます。

4. 後片付け

不要になったらパッケージとデータ用領域を消せます。

# sudo apt-get purge docker-ce

# sudo rm -rf /var/lib/docker


参考