Help us understand the problem. What is going on with this article?

[JAWS-UG CLI] ACM入門 #15 Route53の削除

More than 3 years have passed since last update.

これはAWS Certificate Manager (ACM)入門ハンズオン資料の一部です。
最初から続けて行っている場合「0.準備」の各項は作業不要です。第1項へ進んでください

0. 準備

0.1. HostedZoneIdの変数への格納

コマンド
HOSTED_ZONE_ID=`aws route53 list-hosted-zones \
 --query HostedZones[].Id --output text` && echo ${HOSTED_ZONE_ID}
結果(例)
      /hostedzone/Z1S92TCRCPLEYH

1. Route53レコードセットの削除

1.1. レコードセットの削除

Route53のゾーン(ドメイン)削除するには、全ての登録したレコードを削除しなければなりません。
レコードセット登録時に使用したJSONファイルのCREATEをDELETEに置換することで再利用可能なので、これにより削除を実行します。
複数のファイルを同時には処理できませんから、順次作業します。

(1回目)

コマンド
cat ./route53.json | sed -e 's/CREATE/DELETE/g' > ./route53delete.json
aws route53 change-resource-record-sets \
 --hosted-zone-id ${HOSTED_ZONE_ID} --change-batch file://route53delete.json
結果(例)
      {
          "ChangeInfo": {
              "Status": "PENDING",
              "Comment": "SESincoming",
              "SubmittedAt": "2016-11-03T05:17:25.761Z",
              "Id": "/change/CWGAZK7G2ILU4"
          }
      }

(2回目)

コマンド
cat ./route53b.json | sed -e 's/CREATE/DELETE/g' > ./route53delete.json
aws route53 change-resource-record-sets \
 --hosted-zone-id ${HOSTED_ZONE_ID} --change-batch file://route53delete.json
結果(例)
      {
          "ChangeInfo": {
              "Status": "PENDING",
              "Comment": "AliasRecord",
              "SubmittedAt": "2016-11-03T06:52:06.554Z",
              "Id": "/change/C385JS8Z5GJZAB"
          }
      }

(CloudFrontまでの方は次の3回目は不要です。こちらはALBまで構築した方のみ)

コマンド
cat ./route53c.json | sed -e 's/CREATE/DELETE/g' > ./route53delete.json
aws route53 change-resource-record-sets \
 --hosted-zone-id ${HOSTED_ZONE_ID} --change-batch file://route53delete.json
結果(例)
      {
          "ChangeInfo": {
              "Status": "PENDING",
              "Comment": "ALB-AliasRecord",
              "SubmittedAt": "2016-11-03T06:52:06.554Z",
              "Id": "/change/C385JS8Z5GJZAB"
          }
      }

ここまで実行したら1分程度待ちます。
(レコードセットの削除が完了しないとゾーンを削除できないからです)

1.2. レコードセット削除の確認

コマンド
aws route53 get-hosted-zone --id ${HOSTED_ZONE_ID} --query HostedZone.ResourceRecordSetCount
結果
      2

出力結果が 2 でない場合は、もう1分程度待って再度実行します。
それでも変わらない場合、レコードセットの削除に失敗していますから確認してください。

2. Route53ホストゾーンの削除

2.1. ゾーンの削除

コマンド
aws route53 delete-hosted-zone --id ${HOSTED_ZONE_ID}
結果(例)
      {
          "ChangeInfo": {
              "Status": "PENDING",
              "SubmittedAt": "2016-11-03T06:55:05.380Z",
              "Id": "/change/C3RGFWB23BB5L7"
          }
      }

2.2. ゾーンが削除されたか確認

コマンド
aws route53 list-hosted-zones
結果
      {
          "HostedZones": []
      }

懇親会へ行きましょう!

以上で本日のハンズオンは片付けまで全て終了です。
おつかれさまでした。荷物を片付けて懇親会へ行きましょう。

注意

Route53には無料利用枠が有りません。
削除し忘れると課金され続けます。きちんと削除の確認をするようにしましょう。

zakky
旅人。 いつかは旅人CTO。 AWS Certified Advanced Networking Speciality, Security Speciality, Solution Architect Professional
http://ntuser.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした