Laravel artisanコマンドメモ

  • 39
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

よく使うLaravel artisanコマンドメモ。artisanはアルチザンと読むらしい。

使い方を調べる

コマンド一覧

どんなコマンドがあるか。
バージョンアップで仕様が変わったりするので、たまに眺めてみる。

php artisan list

ヘルプを表示

コマンドの-hをつける(--helpでも)。

php artisan make:controller -h

代表コマンド

ルートの確認

設定されているrouteの確認。自動生成される場合もあるので、たまに眺めてみる。

php artisan route:list

モデルの作成

モデル雛形の作成。昔はmigrateファイルも生成されてうざかったが、今は別途作成となった。

php artisan make:model Admin

マイグレーションの作成

作成するときは事実上、テーブルを作成するので--create=オプションを使う。

ファイル名の頭には日次が付与される。下記例だと、2015_12_31_003428_create_admins_table.phpなどとなる。

php artisan make:migration create_admins_table --create=admins

マイグレーションの実行

マイグレーションの実行。

php artisan migrate

マイグレーションの再実行

一度実行されたmigrateファイルは基本実行されない。再度実行する際は、resetやrefresh等を組み合わせて使う。他にrollbackなどもある。

php artisan reset
php artisan migrate:refresh

Seederの作成

以前はSeederの生成コマンドは無かったが、5.1?くらいから追加された。

php artisan make:seeder AdminTableSeeder

Seederの実行

Seederを実行します。実行に際しては、DatabaseSeeder.phpのrun()メソッドで明示する必要があります。

php artisan db:seed

コントローラー作成

コントローラーを生成します。

php artisan make:controller HogeController

最適化

手動でコントローラを生成したり、リネームしたりした際は、実行してみます。その他、いろいろ。

php artisan optimize

ビルトインwwwサーバの起動

ビルトインサーバーの起動。標準だと8000portが利用される。

php artisan serve

対話コンソール起動

ちょっとしたディバッグに利用できる。

php artisan tinker