More than 1 year has passed since last update.

読み込み

#coding:utf-8

f = open('test.txt','r')

for row in f:
    print row.strip()

f.close()

下記のようにwithを利用すればclose()忘れが無い。

with open('test.txt','r') as f:
    for row in f:
        print row.strip()

書込み

上書き(追記ではない)

ファイルが存在しない場合は新規作成される。

#coding:utf-8

f = open('test.txt','w')

f.write('hoge\n')

f.close()

追記

ファイルが存在しない場合は新規作成される。

#coding:utf-8

f = open('test.txt','a')

f.write('hoge\n')

f.close()

その他

存在確認

ファイル系はos.pathを利用します。
ixists()を利用すると、フォルダ、ファイル関係なく存在確認ができます。

#coding:utf-8

import os.path

if os.path.exists('test.log'):
    print u"存在."
else:
    print u"非存在"

否定の時は、if not os.path.exists('test.log'): とする。

削除

ファイルの削除

#coding:utf-8

import os

os.remove('test.txt')

空じゃないディレクトリを再帰的に削除

os系だと空じゃないディレクトリを再帰的に消せないらしいのでshutilを利用します。

#coding:utf-8

import shutil

shutil.rmtree('data')