Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiでiBeaconを受信する(Node.js + bleacon)

More than 5 years have passed since last update.

Raspberry Pi(Model B+)でiBeaconの信号を受信するためのメモ。

環境

使用した環境は以下の通り。なお、インストールしているディストリビューションはRaspbianです。

pi$ uname -a
Linux raspberrypi 3.12.29+ #714 PREEMPT Wed Oct 1 23:11:38 BST 2014 armv6l GNU/Linux
pi$ cat /etc/debian_version
7.6

Node.jsをインストールする

Node.jsをインストールします。
Raspberry PiにnodebrewでNode.jsをインストールする - Qiita』などを参考にインストールしてください。

今回使用した環境は以下の通りです。

pi$ node -v
v0.10.28
pi$ npm -v
1.4.9

bleaconをインストールする

Node.jsのbleaconパッケージをインストールします。予めlibbluetooth-devパッケージのインストールが必要です。
bleaconパッケージの執筆時点でのバージョンは0.2.0でした。

pi$ sudo apt-get update
pi$ sudo apt-get install libbluetooth-dev
pi$ npm install bleacon

iBeaconの信号を受信する

iBeaconの信号を受信し、コンソールに出力するためのスクリプトを準備します。

beacon_discover.js
var Bleacon = require("bleacon");
Bleacon.startScanning();
Bleacon.on("discover", function(bleacon) {
  console.dir(bleacon);
});

スクリプトを実行すると、コンソールに情報が出力されます。なお、root権限が必要です。
(UUIDはマスクしています)

root# node beacon_discover.js
{ uuid: 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx',
  major: 1,
  minor: 1,
  measuredPower: -76,
  rssi: -70,
  accuracy: 0.7450788247551209,
  proximity: 'near' }
...

Node.jsとbleaconパッケージを使うことで、とても簡単にiBeaconの信号を受信することができました。

参考

yuyakato
株式会社那由多屋の代表取締役社長です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした