Edited at

Slack Appの作り方について

More than 1 year has passed since last update.

Slack Appで色々やろうと思ったときに、少しやり方が分かりにくかった部分もあるのでまとめ中。適宜追記していくので間違い等あればご指摘ください。


Slack Appの作り方



  • https://api.slack.com/apps から App を作成する(Create New Appから情報を入力して作成)

  • 作成すると色々設定する画面に入るので設定を行う

  • ちゃんと設定するとSlack Appが使える状態になる

参考:https://qiita.com/YumaInaura/items/0fc810e885a3d988f123


設定すること


基本情報(Basic Information)について

Slack Appを作ると、基本情報の画面に遷移する。ここでは以下の3つの項目がある。


  • Add features and functionality:Slack Appに持たせたい機能・関数をaddするところ。初期状態で開いている

  • Install your app to your workspace:Slack Appをインストールするためにtokenを発行し、workspaceに追加するところ

  • Manage distribution:個人で使う場合には不要。他のworkspaceでも使えるように共有するところ


機能・関数の追加(Add features and functionality)

Slack Appを作るのに必要なツールを選択して設定するところ。6つの項目がある。


  • Incoming Webhooks:別の外部ソースから連携してSlackにメッセージ投稿する。

  • Interactive Components:Slack Appから投稿するメッセージにボタンを追加して、ユーザ操作を受け付ける。

  • Slash Commands:Slackにコマンドを追加して、ユーザがコマンドを打ったときにアクションできるようにする。

  • Event Subscriptions:Slackの何らかのアクティビティに対して反応できるようにする。

  • Bots:ユーザからのメッセージに応答できるボットを追加する。

  • Permissions:Slack APIとのやりとり用にアクセス権を設定する。


workspaceへのappのインストール(Install your app to your workspace)

Slack APIとのやりとり用にtokenを生成するところ。認証に使う。permission scopeをクリックして、必要なpermissionのtokenを作る。

permission scopeをクリックすると、OAuth & Permissionsの項目でOAuthの設定が上に出て来るので一瞬戸惑うが、スルーしてスクロールするとScopesの設定項目があるのでそこで設定を入れる。

ここではSlack Appが呼び出せるAPIメソッドがどれなのかを定義する。これをSlack App Directoryに提出する場合、各scopeのリクエスト理由が確認されるので、適切なscopeを設定する。

scopeの種別については https://api.slack.com/scopes ここに一覧があるので要確認のこと。


雑記

この方法でSlack Appを作ることはできるが、単純にwebhookしたいだけならこの記事の手順の方が楽かも。


参考URL