Slack

SlackのWebhook URL取得手順

More than 1 year has passed since last update.

SlackのWebhook URLを取得するまでの手順を示す。


最終的にやりたいこと

ChatにWebサービスの結果を通知するChatOps的なことをしたい。

通知先のChatツールとしてSlackを使用する。

Slack: Be less busy

どのWebサービスを使うにしても、連携用にSlackのWebhook URLは必要になりそうなので、まずはWebhook URLを取得するまでの手順をまとめてみる。


選定理由

Slackを選んだ理由は、利用しようとしている色々なWebサービスにSlack向けのIntegrationが用意されおり、勢いがあるそうなので。以下Slackについて:


Slack登録

Slackにユーザ登録してチームを作成する。

登録完了するとデフォルトのChat部屋が作成される。


Webhook URL取得

Chat部屋が作成されたら、以下URLにアクセスする。

https://slack.com/services/new/incoming-webhook

通知先チャンネル(ここではデフォルトで作成される#generalチャンネル)を

選択し、Add Incoming WebHooks integrationを押す。

webhooks_01.png

設定画面に遷移する。

Descriptive LabelとかCustomize Nameを変更した場合はSave Settingsを押す。

今回は変更しない。

webhook_02.png

Webhook URLCopy URL を選択すると

クリップボードにWebhook URLがコピーされる。

(グレーアウトしている箇所にもテキストでURLが表示されます)

webhooks_03.png


登録済みのIncoming WebHooks一覧

https://slack.com/apps/A0F7XDUAZ-incoming-webhooks

から閲覧ができる。


おまけ: Slackクライアント

SlackはWebブラウザ以外にも専用アプリからアクセスすることもできる。

Download Apps | Slack