LoginSignup
49

More than 5 years have passed since last update.

GitLab Omnibus package の SSL 証明書を Let's Encrypt で取得する

Last updated at Posted at 2016-03-31

はじめに

Let's Encrypt では、SSL サーバ証明書を取得する際に、HTTP サーバのドキュメントルートに .well-known というディレクトリを作り、そこにアクセスできるかどうかでドメインの所有者の確認をしているようです。
GitLab を Omnibus package でインストールしている場合、Nginx の設定は GitLab の管理下にあるため、ドキュメントルートに手を加える場合は GitLab の設定ファイル /etc/gitlab/gitlab.rb をいじる必要があります。

Let's Encrypt の使い方自体は、まだ Beta 版ということもあり、他のもっと解りやすい記事に譲るとして、ここでは GitLab 側でやらなければならないことを中心に書いていきます。

前準備

Let's Encrypt で手軽に HTTPS サーバを設定する - Qiita

こちらの記事に書かれているように、Let's Encrypt では SSL サーバ証明書を取得するために、3 つのプラグインを用意しているそうです。
今回のように、既に Nginx で HTTP サーバが動いている場合は、この中の webroot を使います。

webroot は Let's Encrypt 側で HTTP サーバを用意するのではなく、既に動いているサーバのドキュメントルートにファイルを置くことで、.well-known の確認を行います。

まずは、それを可能にするために、GitLab にドキュメントルートの設定を行います。

GitLab の Nginx が Let's Encrypt 用の設定を読み込むように設定

お好きなエディタで /etc/gitlab/gitlab.rb を開き、L450 辺りにある nginx['custom_gitlab_server_config'] の設定をしている行をコメントアウトして、以下のように書き換えます。

/etc/gitlab/gitlab.rb
nginx['custom_gitlab_server_config'] = "include /etc/letsencrypt/nginx.conf;"

GitLab が利用している Nginx の GitLab に関する設定1は、/var/opt/gitlab/nginx/conf/gitlab-http.conf に書かれているのですが、nginx['custom_gitlab_server_config'] を設定すると、設定した文字列をこのファイルの中に追記してくれます。

今回は /etc/letsencrypt/nginx.conf に書かれた設定内容をインクルードするように書きました。

Let's Encrypt 用の設定ファイルを作成

次に、/etc/letsencrypt/nginx.conf を新規作成し、以下のように書きます。

/etc/letsencrypt/nginx.conf
location ^~ /.well-known {
    alias /var/letsencrypt/.well-known;
}

HTTP サーバの /.well-known 以下にアクセスがあった場合は /var/letsencrypt/.well-known/ を参照するように、と書きました。

Let's Encrypt 用のドキュメントルートを用意

次に、.well-known を置くためのドキュメントルートとなるディレクトリを作成します。

$ sudo mkdir /var/letsencrypt

Let's Encrypt のスクリプトは sudo されて動くので、所有者は root のままで大丈夫でした。
SELinux などを有効にしている場合は、Nginx がここにアクセスできるようにしておいてください。

GitLab に設定を反映

ここまでの設定を反映させるために、reconfigure します。

$ sudo gitlab-ctl reconfigure

前準備はこれで終わりです。

SSL サーバ証明書の取得

まず Let's Encrypt をインストールします。2

次に、前述したように webroot プラグインを使って SSL サーバ証明書を取得します。
この際に、証明書を取得したいドメインと、先ほど用意したドキュメントルートを指定します。

$ ./letsencrypt-auto certonly --webroot --webroot-path /var/letsencrypt -d gitlab.example.com

成功すれば以下のように表示されます。

IMPORTANT NOTES:
 - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at
   /etc/letsencrypt/live/git.example.com/fullchain.pem. Your cert will
   expire on 2016-06-29. To obtain a new version of the certificate in
   the future, simply run Let's Encrypt again.
 - If you like Let's Encrypt, please consider supporting our work by:

   Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
   Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le

Congratulations!

SSL サーバ証明書の設置

/etc/letsencrypt/live/ に取得した SSL サーバ証明書のシンボリックリンクが張られているので、これを Nginx に設定します。
ここでも Nginx の設定は /etc/gitlab/gitlab.rb で行います。

まず HTTPS を有効にするために、external_url のプロトコルの部分を http:// から https:// に書き換えます。

/etc/gitlab/gitlab.rb
external_url 'https://gitlab.example.com'

もし HTTP へのアクセスを HTTPS にリダイレクトしたい場合は、nginx['redirect_http_to_https']true に設定します。

/etc/gitlab/gitlab.rb
nginx['redirect_http_to_https'] = true

次に、先ほど Let's Encrypt で取得した証明書を設定します。

/etc/gitlab/gitlab.rb
nginx['ssl_certificate'] = "/etc/letsencrypt/live/gitlab.example.com/fullchain.pem"
nginx['ssl_certificate_key'] = "/etc/letsencrypt/live/gitlab.example.com/privkey.pem"

設定したら reconfigure して反映させます。

$ sudo gitlab-ctl reconfigure

SSL サーバ証明書の更新

最後に、SSL サーバ証明書を自動更新するように設定します。

Let's Encrypt で発行された証明書は有効期限が 90 日しかないので、定期的に更新する必要があります。
発行済みの証明書を更新するためには、以下のようにします。

$ ./letsencrypt-auto renew

こうすると、失効期限が近づいている場合のみ更新されるようです。
強制的に更新させるには --force-renew オプションを付けます。

$ ./letsencrypt-auto renew --force-renew

これを自動で実行するために、cron に設定しましょう。

$ sudo crontab -u root -e
00 05 01 * * /path/to/letsencrypt/letsencrypt-auto renew --force-renew && gitlab-ctl restart

GitLab の Nginx のみを再起動する方法が分からなかったので、GitLab ごと再起動しています。


  1. Nginx の設定ファイルの中には GitLab CI に関する設定が書かれたファイルもあるのでこう書きましたが、ややこしいですね…… 

  2. インストールの仕方については、他の記事を参考にしてください。 

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
49