Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiita/Qiita:Team Meetup #10 Nagoya LT資料 (スタンドファーム株式会社)

More than 5 years have passed since last update.

自己紹介

スタンドファーム株式会社
standfirm
http://standfirm.jp/

請求書のクラウド管理サービスMisocaを開発運営。
misoca
http://www.misoca.jp/

喋る人
株式会社ファントムタイプ
代表取締役 小久保 祐介
yusuke_kokubo
http://www.phantomtype.com/
Misocaの開発、チームビルディング、プロダクトデザインに携わる。

Qiita:Teamを導入しようと思った経緯

2014年5月くらい

抱えていた問題その1・それでまでの朝会

スタンドアップで各自が口頭で報告をしていた

  • 声を聞き取れないと何を言ってるのかわからない
  • 個人差が大きい
  • 言ったもんがち
  • 事前の情報共有がないので各自の仕事を理解するのが困難

抱えていた問題その2・それまでの日報

Google Spreadsheetで書いていた

  • 報告書を書くだけでみんなで共有しているわけではなかった
  • 見に行くのが面倒くさい
  • 見たことを相手に伝える手段がない
  • markdownで書けない

Qiita:Teamを導入してみる

  • 自然とみんなで共有する空間
  • 見に行くのが簡単
    • トップページに最近の更新がすべてある
  • 「いいね!」ボタンによって見たことを伝えられる
  • テンプレートを編集できるので会社の文化にあわせてカスタマイズできる
  • markdownで書ける
  • 画像のアップロードが簡単にできる
    • (GitHubと同じ要領)

Qiita:Teamで朝会が変わった

  • 前日書かれた日報を1つずつみんなの前で共有していく
    • 記事を読むことが挨拶代わり
    • (高速化のために事前に各自が全員分の日報に目を通しておくという暗黙のルールがある)
  • 日報で困ったことや相談したいことを朝会のときにみんなで話す
    • その場ですぐに解決できる問題ならその場で解決する
  • そのため日報を書くことを全員が意識付けられる

どのように使っているか

日報

  • 今日やったこと
  • 明日やること
  • 困ったことや相談したいこと
  • こんな気分/他、お知らせしておきたいこと
  • ポエム
    • まったく仕事に関係ないこと

スクリーンショット 2015-03-09 10.52.09.jpg


スクリーンショット 2015-03-09 10.54.07.jpg


スクリーンショット 2015-03-09 12.09.27.jpg

議事録

  • 朝会で話したこと
  • 打ち合わせ

スクリーンショット_2015-03-09_11_23_18.png

開発用の文書

議論をするためではなく、情報を共有する場として活用している。

  • 仕様
  • 設計
  • リファクタリング用のメモ
  • 技術上の課題
  • 実装上のメモ
    • 外部連携をするときのローカルでのテスト方法

スクリーンショット 2015-03-09 11.01.12.jpg

マーケティング施策

MisocaのWebマーケティングを進めていくにあたっての方針や成果を共有している。
もちろんマーケティングに携わらない人でも見れるし意見も言える。

  • やりたいこと
  • やったこと(作業報告)
  • マーケティング上のアイデア

スクリーンショット_2015-03-09_11_04_25.png

不具合報告

Qiita:Teamに報告を書いて、火曜日に開発チームで情報を共有している。

  • 概要
  • 発生期間
  • 原因
  • 対応
  • 再発防止

その他、思いついたアイデア

  • 仕事の進め方の提案

スクリーンショット 2015-03-09 11.07.50.jpg

(まとめ) Qiita:Teamとは

「チームで様々な情報を共有するための優れたツール」

おすすめの使い方

  • まずは日報から
    • 自社の文化にあわせてテンプレートをカスタマイズ

おまけ

Misocaの開発メンバー募集中です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away