Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linuxのリダイレクト vol.1

今日はリダイレクトについて。

リダイレクトとは

出力の向かう先を変更すること、つまりあるページに移行したときに、強制的に別ページに飛ぶことである。
Linuxでは、向かう先を変更するとは、標準入力、標準出力、標準エラー出力のこと。

このコマンド例上では、以下の通りである。
・標準入力:echo Hello_World
・標準出力:Hello_World
・標準エラー:-bash: ech: コマンドが見つかりません

コマンド例
[root@taki ~]# echo Hello_World
Hello_World
[root@taki ~]# ech Hello_World
-bash: ech: コマンドが見つかりません

リダイレクトの使用方法

・標準出力をファイルへ出力する
→画面に出力される文字列をファイルへ保存できる
→コマンドラインでは画面は文字列で大量に埋め尽くされる。何もしなければ、結果が上へ画面外へどんどん流れていってしまう。結果を確認しようと思っても確認できないという状況が発生する。
→リダイレクト使いファイルに結果を保存閲覧する

標準入力、標準出力、標準エラー

Linuxではデフォルトで以下のように割り振られている。
・標準入力→0
・標準出力に→1
・標準エラー出力→2

実際にやってみよう
  1. 標準出力 ※1は省略可能

① 標準出力
[root@taki ~]# echo Hello_world
Hello_world

② Hello_WorldをTest_Hello_World.txtに出力している
[root@taki ~]# echo Hello_World > Test_Hello_World.txt
[root@taki ~]#

③ ②の確認
[root@taki ~]# cat Test_Hello_World.txt
Hello_World

④ Hello_WorldをTest_Hello_World.txtに出力している
[root@taki ~]# echo Hello_World > Test_Hello_World.txt
[root@taki ~]#

⑤ Close_WorldをTest_Hello_World.txtに出力している
[root@taki ~]# echo Close_World >> Test_Hello_World.txt

⑥ ⑤の確認
[root@taki ~]# cat Test_Hello_World.txt
Hello_World
Close_World

以上よりわかることは、

記号 説明
> 標準出力の出力先を指定
>> 標準出力の出力先を指定し、標準入力出力先に追記

参考文献

https://eng-entrance.com/linux-redirect

長くなったから今日はこの辺で。表を加えることが出来た。表の前には1行空欄を。

yusk919
新卒2年目インフラエンジニア。 構築してみたり運用してみたりした結果、何がやりたいか考えた末にまずはLPIC101を勉強することにしました。 ITを使ってみんなが居心地のいい空間を作れたらいいな、最近はまっていることは、ポーカーとキャンプ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした