0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

OpsRamp 承認機能付きProcess Workflowを作成してみた。

概要

今回は皆さん大好き承認機能付きのProcess Workflowを作成したので、そちらをご紹介します。
まずWorkflowの説明をします。
1, Windows Agentからサービスを監視し、Downを検知
2, サービスの再起動スクリプトの実行承認を依頼する
3, 承認された場合Workflowでサービス再起動が自動で実施される
4, 自動対応内容がアラート/チケットにコメントされる

皆さんの環境でこのWorkflowを再現したい場合、以下の説明から作成もできますが、
後日、APIPOSTでサクッと作成出来る方法を投稿しますので、そちらのほうが簡単かもしれません。

各タスクの説明

画像の各タスクをWorkflowの流れと一緒に順に説明します。
※原則記載の無い設定項目はデフォルト値です。

startevent(アラート発生)

アラートのcomponentのフィールドの文字列が”Print Spooler”であった場合、
このWorkflowを開始する。

項目
Name ServiceAlert
ID 自動入力
Configuration Alert
Configuration2 Created
Filter Criteria $component = "Print Spooler"

User Task(承認申請)

タスクチケットを作成します。
言い換えますと、承認申請がタスクという種類のチケットで作成されます。

項目
Name ObtainApproval
ID 自動入力
Subject サービス再起動承認依頼
Description 下記サービスが停止中です、再起動のためワークフローの承認をお願いします。$ServiceAlert.alert.resource.hostName, $ServiceAlert.alert.component
Priority high
Assignee 任意(承認者にするのがいいと思います。) 

※ここにない項目はデフォルトで構いません。

(Taskチケット)

予めCustom Formで承認対応用のフィールドを用意しておきましょう。
(Custom Formの詳細はこれだけでとても長くなるため省略します。)

Setup>Service Desk>Custom Forms>Task

項目
Formの種類 Drop-down list
Display Label Actions
Is editable? 有効
Dropdown Options 1 Deny(※横のボックスも同じ内容を入力)
Dropdown Options 2 Approve(※横のボックスも同じ内容を入力)

(承認作業)

承認者が内容を確認し、承認します。

要件
「承認する = Workflowを先にすすめる」という事になるのですが、
その条件として、この作成されたTaskチケットのステータスを「Resolved」にする必要があります。
これはOpsRampのドキュメントに書いていないので要注意です。(2021/12/03現在)
合わせて、事前に作成した「Action」のフィールドは「Approved」を選択しましょう。

0024.png

Exclusive Gateway(承認された場合のみ次のタスクを実行する)

Taskチケットを更新したことにより、先に進むことが出来るようになりました。
次に待ち構えているのは条件分岐です。
下記の設定で、Taskチケットの「Action」のフィールドは「Approved」の時だけ
関所を通す設定を入れていきます。
これ勘違いしやすいのですが、分岐のFunctionであるExclusive Gatewayには
分岐の条件を入れる項目はありません。分岐の条件を入れるのはそこから伸びている
棒線矢印の中に入れていきます。

1, Exclusive Gateway

項目
Name Get Responce
ID 自動入力

2, Global Connect その1(矢印の棒線)

項目
Name Deny
ID 自動入力

3, Global Connect その2(矢印の棒線)

項目
Name Approve
ID 自動入力
Condition $ObtainApproval.task.Actions = "Approve"

Script Task(プロセスを再起動する)

承認が通っているため、Downしたプロセスをスクリプトで起動させます。
これによって対象のアラートは復旧します。
今回はOpsRamp上で用意したスクリプトを動かします。

項目
Name RestartService
ID 自動入力
Configuration Agent
Script Category 任意
Script Name 任意
Resource Id $ServiceAlert.alert.resource.uuid
Imputs-Service Name $ServiceAlert.alert.component

※このスクリプトはOpsRamp内で作成し、スクリプトのImputのパラメータを
仕込んであります。ですので、通常はパラメータなければImput入力項目は
出てきません。

Service Task(アラート/インシデントチケットに自動対応実施のログを残す)

最後にスクリプトを実行したということをアラートとインシデントにコメントして残します。
このService TaskはOpsRampUIから取れるアクションの一部を自動で実施してくれます。
ドロップダウンから選択するだけなので、スクリプト等がなくても簡単に実行できるので楽ちんです。

1, アラート

項目
Name AddAlertComment
ID 自動入力
Service Platform Service
Task Post Alert Comment
AlertID $ServiceAlert.alert.uuid
Comments 自動化ワークフローによりサービスの再起動を実施しました。承認者: $ObtainApproval.task.assignedTo.loginName

2, インシデント

項目
Name UpdateIncident
ID 自動入力
Service Platform Service
Task Update Incident
Response 自動化ワークフローによりサービスの再起動を実施しました。承認者: $ObtainApproval.task.assignedTo.loginName

それぞれこの様にポストされました。
アラート
0025.png
インシデントチケット
0026.png

以上です。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?