Help us understand the problem. What is going on with this article?

jupyter Notebookの紹介

More than 1 year has passed since last update.

アドベントカレンダーに投稿するネタを色々と考えていたんですが、色々と忙しく、とくに何もやっていなかったです。
(´・ω・`)
なので、最近良く使ってる jupyter Notebookという、ツールの簡単な紹介をしたいと思います。

Jupyter Notebook とは

Jupyter Notebook (ジュピター・ノートブック) とは、プログラムを実行し、実行結果を記録できるツールです。主に、数値計算・データ解析を行うときに使われるツールですが当然、普通のプログラムにも使えます。
スクリーンショット 2017-12-10 06.30.21.png

もともとは、 IPython Notebook (アイパイソン・ノートブック) と呼ばれていて、Pythonを実行するためのツールでしたが、今はいろいろな言語に対応させることができます。
スクリーンショット 2017-12-10 06.17.14.png
(haskell勉強中ですが、jupyterでコード書いています、PHPはインストールしてないですが、当然PHPもjupyter上で使えます。)

プログラム内容や実行結果はnotebookという形式のファイルに保存され、再利用が可能です。
また、markdown言語が、使えますので、みたいなものも作成可能です。
簡単なプログラムやちょっとした繰り返し作業は、jupyter Notebookを使って作業しています。

インストール

Pythonをインストールしていることが前提です。

1.インストール

pip install jupyter

2.起動

jupyter notebook

※最近はデフォルトでパスワード設定しないとアクセスできないので注意が必要
参考

起動後
http://localhost:8888 にアクセスすると一番上の画面にアクセスできると思います。1

デフォルトではPythonのみ実行可能です。
Jupyterでphpを使えるようにする in Windows 10

使ってみる

左上の「New」をクリックし、使用言語を選択しnotebookを作成します。

スクリーンショット 2017-12-10 07.41.59.png

作成後の notebookです。何も書かれていません。
右上にある「Untiled」をクリックするとファイル名を編集できるので、適当に名前を編集します。

スクリーンショット 2017-12-10 07.47.02.png

コードを記述し実行します。(実行するセルを選択してSHIFT+ENTER)
結果はセルの下に表示されます。2

スクリーンショット 2017-12-10 07.53.32.png

最後に

駆け足ではありましたが、jupyter notebookを紹介しました。
トライアンドエラーが容易なので、ロジックを考えるときや、新しい言語を勉強するとき(jupyterで実行できるように設定するまでが大変かも)にすごく力を発揮すると思います。

時間があれば、もっと詳しい内容を追記していきたいと思います。


  1. 起動しているので上の方法は一般的なやり方をのせています。自身の環境はDockerコンテナ上で動かしています。 

  2. jupyter notebookはプログラムの実行をセル単位で行います。セルは、最後尾のセル上でSHIFT+ENTERを押すと、増やすことができます。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした