Help us understand the problem. What is going on with this article?

YouTube IFrame Player APIをゆるふわにラッピングしてみた。

More than 3 years have passed since last update.

shuvi-lib

フレームレスなYouTubeプレイヤー「Shuvi」を作った際にYouTube IFrame Player APIを使ったのですが、もうちょっと使いやすくならないかなと思い、自分でゆるふわにラッピングしてみました。

名前は、「shuvi-lib」です。
shuvi-lib.jpg

ちなみにShuviは、β版ではありますが公開中です。

shuvi.png

shuvi-libをプロジェクトへの取り込み

shuvi-libの使う方法はいくつかあります。

一つ目は、GitHubページからダウンロードして自分のプロジェクトに置き、使う方法。

二つ目は、shuvi-libはnpm上で公開されているので、

npm install shuvi-lib

のようにnpmコマンドを使ってプロジェクトに取り込む方法。

三つ目は、私のサーバー経由でネットワーク越しにshuvi-libをプロジェクトに取り込む方法です。

<script src="http://api.yuki540.com/shuvi-lib/v1/shuvi.lib.js"></script>

使い方

shuvi-libを使えば、YouTube IFrame Player APIをより簡単に操作することが可能です。

shuvi.lib.jsを取り込み、下記のようにパラメータを渡し、newすれば、すぐにプレイヤーの操作が可能になります。

let shuvi = new Shuvi({
  video_id : ['fQN2WC_Acpg'], // 動画IDの入った配列
  id       : 'player',        // 要素のID
  width    : 500,             // 画面の幅
  height   : 300,             // 画面の高さ
  autoplay : ture             // [option]自動再生(デフォルトは、true)
  loop     : false            // [option]ループ(デフォルトは、false)
})

npm経由の方は、requireを忘れずに。
javascript
const Shuvi = require('shuvi-lib')

ここから先は、Methods・Eventsのリファレンスです。

Methods

shuvi-libは、できるだけシンプルでわかりやすいメソッド名にしています。

動画URLから動画IDの取得

video_id = getId(url)

  • [param]url: YouTubeの動画URL
  • [return]video_id: 動画ID

イベントリスナの追加

shuvi.on(event, fn)

  • [param]event: イベント名
  • [param]fn: コールバック関数

プレイリストの変更

shuvi.setPlaylist(playlist)

  • [param]playlist: 動画IDの入った配列

再生

shuvi.play()

停止

shuvi.pause()

次の動画へ

shuvi.next()

後ろの動画へ

shuvi.back()

プレイリスト内の指定の動画を選択

shuvi.select(num)

  • [param]num: プレイリストの番号

ループの有無

shuvi.loop(bool)

  • [param]bool: trueの場合、ループ有。falseの場合、ループ無。

デフォルトは、ループ無です。

再生位置の移動

shuvi.seek(per)

  • [param]per: 0~1の数値

動画の総時間

duration = shuvi.duration()

  • [return]duration: 動画の総時間

現在の再生時間

current = shuvi.current()

  • [return]current: 現在の再生時間

動画の読み込み状況

buffer = shuvi.buffer()

  • [return]buffer: 動画の読み込み具合(0~1)

音量の取得

volume = getVolume()

  • [return]volume: 0~1の値

音量の設定

shuvi.setVolume(volume)

  • [param]volume: 0~1の値

サイズの変更

shuvi.resize(width, height)

  • [param]width: 画面の幅
  • [param]height: 画面の高さ

Events

shuvi-libは、プレイヤーの動作ごと挙動をイベントとして呼び出されます。

  • load
    • 動画の起動読み込み終了時に呼び出されます。
  • error
    • 動画の読み込み・再生の失敗時に呼び出されます。
  • change
    • 動画の変更時に呼び出されます。
    • 初回の動画の時には、発火されません。
  • play
    • 動画再生時に呼び出されます。
  • pause
    • 動作停止時に呼び出されます。
  • seek
    • 動画の再生時間が変更されるたびに呼び出されます。
  • end
    • 動画の再生が終了時に呼び出されます。

おわりに

ぱぱっと書いたものなので、ライブラリとしては物足りない感はありますが、今後、Shuviに取り込む際にアップデートして行こうと思います。
よければ、Starください。

yui540
とにかく可愛いのがすこ。
https://yui540.graphics
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした