kubernetes

Kubernetes 1.12: 既知の問題 (Known Issues) と 廃止された機能および廃止予定の機能 (Deprecations and removals)


はじめに

このエントリは、Kubernetes 1.12 の CHANGELOG から 既知の問題 (Known Issues) と 廃止された機能および廃止予定の機能 (Deprecations and removals) についてまとめています。翻訳に合わせて補足を追記しています。その他の内容は次のリンク先を参照してください。


Kubernetes 1.12: 既知の問題 (Known Issues)



  • Feature#566 にてデフォルトの DNS プラグインが、kube-dns から CoreDNS へと変更になりましたが、 2000 ノードを超える大規模なクラスタにおいてメモリ使用量の問題が発生したため、kube-up スクリプト内のデフォルトの DNS プラグインは kube-dns に据え置かれました。




    :pencil: Note
    cluster/kube-up.sh で起動されるクラスターのデフォルトの DNS プラグインが kube-dns のままです、というだけのようです。


  • kube-controller-manager において、--tls-cert-file または --tls-private-key-file が設定されていない場合、自己署名証明書を生成するために、書き込み可能な --cert-dir (デフォルトでは /var/run/kubernetes) が必要となります。


  • ClusterRolesystem:kube-controller-managerextension-apiserver-authentication ConfigMapget に対する権限を持っていないため、kube-controller-manager がこの ClusterRole を利用していた場合、実行時にエラーが発生します。


  • Runtime handler と Windows npipe protocol はまだ crictl v1.11.x でサポートされていません。これらの機能は Kubernetes v1.12.1 と一緒にリリースされる crictl v1.12.0 でサポートされる予定です。



Kubernetes 1.12: 廃止された機能および廃止予定の機能 (Deprecations and removals)


  • kubeadm において、Alpha 機能である HighAvailability, SelfHosting, CertsInSecrets が非推奨となり、v1.13.0 で削除予定です。


  • Cloud Provider における cloudstack および ovirt が非推奨となり、将来のバージョンで削除されます。(#68199, @dims)



  • kubectl run から run-pod/v1 を除いた全ての generators が非推奨となりました。この変更は kubectl run をよりシンプルに、pod のみを生成するようにする作業の一環で、もしその他のリソースの生成が必要であるならば、kubectl create を利用するようにしてください。 (#68132, @soltysh)




    :pencil: Note
    今までの kubectl run のデフォルトの挙動は Deployment の生成だったのですが、今後は、docker run のように Pod を生成するのみに変更するとのことです。


  • kubectl logs において非推奨となっていた --interactive フラグが削除されました。(#65420, @jsoref)


  • kubectl version (--client) において非推奨となっていた shorthand な -c フラグが削除されました。(#66817, @charrywanganthony)


  • kubectl exec における --pod (-p) フラグが非推奨となり、将来のバージョンで削除されます。このフラグは現状、オプショナルです。(#66558, @quasoft)


  • kubectl における --use-openapi-print-columns が非推奨となり、将来のバージョンで削除されます。--server-print オプションを利用してください。(#65601, @liggitt)


  • /watch プレフィックスのついた Watch API における各エンドポイントが非推奨となり、将来のバージョンで削除されます。リソースを watch するための標準的な方法は、list API エンドポイントに対して ?watch=true パラメータをつけることです。(k8s v1.0 からサポートされています。) 全ての client-go クライアントは v1.6.0 からすでにこのパラメータを利用しています。(#65147, @liggitt)


  • Heapster からのメトリクスを利用した Horizontal Pod Autoscaler は非推奨となり、将来のバージョンで削除されます。(#68089, @DirectXMan12)