Python
ATOM
Anaconda
Miniconda
pythonDay 21

Miniconda・Atom Hydrogenを用いたPython環境構築

More than 1 year has passed since last update.

Python入門書では,Anacondaを用いた環境構築方法が掲載されていることが多いです。(私自身も初めはAnacondaで環境構築をしていました。)しかし,Anacondaはディスクの容量をとりますし,(私のような)入門者が使わないパッケージがたくさん入っています。

ならば,Anacondaの最小構成であるMinicondaで環境構築しようではないか。そう思いたちMinicondaを使って環境構築をしました。しかし,Minicondaの導入方法,Jupyterの設定方法,Hydrogenの導入方法,といった項目を説明しているページはあるのですが,まとめて一つの流れとして説明しているページはない…。

この記事はそのとき試行錯誤の末に得た手順の備忘録的なものです。

対象とする人・しない人

対象とする人

  • Pythonの導入手順がよくわからない人
  • Anacondaの容量が大きく,困っている人

対象としない人

  • 自分で調べて環境構築ができる人

環境

  • Windows 10 Home(64bit)
  • Miniconda3 4.3.31(64bit)

手順

  1. Minicondaをインストールする。
  2. 仮想環境を構築する。
  3. Atomをインストールする。
  4. AtomにHydrogenパッケージをインストールする。

Minicondaのインストール

1.Minicondaのダウンロードページから,自分のOSに合わせてインストーラをダウンロードします。

2.ダウンロードしたインストーラを実行します。次のようなダイアログが表示されます。[Next]を押して進みます。

MinicondaInstallDialog

3.インストールディレクトリを選択する際に,空白文字のあると警告されます。"This can cause problems with several Conda packages."とのことなので,素直に空白文字のないディレクトリを選びます。

SpaceWarning

4.[Install]を押して,インストールを開始します。

Miniconda_2.png

Minicondaのインストールは終了です。

仮想環境を構築

condaを使って,仮想環境を構築します。

1.>conda create -n py36_dw python=3.6 を実行します。

2.>conda info -eあるいは>conda env listを実行して,仮想環境の確認をします。

実行例
>conda info -e
# conda environments:
#
py36_dw                  C:\Miniconda3\envs\py36_dw
root                  *  C:\Miniconda3

3.>activate py36_dwを実行し,仮想環境を切り替えます。

4.>conda install jupyterを実行する。これは,AtomでHydrogenを使うために必要です。

5.>ipython kernel install --user --name py36_dw --display-name Python3-DataWranglingを実行して,Jupyterのカーネルを作成します。

6.>jupyter kernelspec listを実行して,カーネルを確認します。

実行例([USERNAME]にはユーザ名が入ります)
>jupyter kernelspec list
Available kernels:
  py35_dw    C:\Users\[USERNAME]\AppData\Roaming\jupyter\kernels\py35_dw
  python3    C:\Miniconda3\envs\py36_dw\share\jupyter\kernels\python3

7.>conda install <パッケージ名>を実行して必要なパッケージをインストールする。
入門者が使うパッケージといえば,

  • numpy
  • scipy
  • pandas
  • matplotlib

あたりでしょうか。

8.>jupyter notebookを実行する。ウェブブラウザが起動して,Jupyter Notebookが開かれます。(画像内水色部分はフォルダ・ファイル名です。)

デフォルトで表示されるディレクトリが気に食わない場合,>jupyter notebook --generate-configを実行し,生成されたconfigファイルの#c.NotebookApp.notebook_dir = ''という部分を書き換えてください。(私の環境ではC:\Users\[USERNAME]\.jupyterに生成されました。)

JupyterStart

9.試しにNotebookを作成して,ちゃんとパッケージがインストールされているか調べてみます。

matplotlib_test.png

仮想環境の構築は終了です。

Atomのインストール

Atom公式ページからインストーラをダウンロードして,実行すれば自動的にインストールされます。
さまざまな便利なパッケージがあります。本記事では詳しくは触れず,ほかの素晴らしい記事のリンクを張るにとどめたいと思います。

Hydrogenのインストール

他のパッケージと同様にHydrogenをインストールします。

うまくいかない場合は,コマンドラインで

Hydrogenのインストール(コマンドライン)
>apm install hydrogen

を実行してみるといいかもしれません。

apmコマンドへのPATHが通っていない場合は,手動でPATHを通すか,apmのあるディレクトリに移動して実行して下さい。私の環境では,C:\Users\[USERNAME]\AppData\Local\atom\binにありました。

Hydrogenのインストールは終了です。
うまくいきましたでしょうか?試しに実行してみましょう。

Matplotlib Test

FHP -Frequently Happenning Problems

Minicondaのインストール関連

問題が起こった場合,まず初めに次のことを実行してみてください。

  • すでにPythonがインストールされている場合,アンインストールする。
  • 環境変数に以前インストールしたPythonの記述がある場合,それらを削除する。
  • インストールするパスをASCII文字のみにする。

これでも解決しない場合,次のサイトを参考にしてみてください。

Jupyter関連

次のサイトを参考にしてみてください。