Help us understand the problem. What is going on with this article?

2017年 Atomオススメパッケージ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

AtomとはGithub社が開発元のテキストエディタです。デザインテーマやプログラミングをする際に便利なパッケージが豊富にあり、それらを簡単に管理画面から追加・変更出来るため人気のエディタです。

今現在使用していて、Sublimetextに比べると多少のもっさり感があるものの気に入って使っています。Sublimetextに関する記事も以前に書いたものがあるので、気になった方は見てみてください。
こちらにリンクを貼っておきます

パッケージのインストール方法

上部メニューよりPreferencesを選択し、表示された管理画面のInstallよりパッケージを検索して、installを行います。
稀にAtomの再起動が必要なパッケージもあるようなので、インストールが終わったらとりあえず再起動としておきましょう。

用途別パッケージ

とりあえず入れておくパッケージ

構文チェック

コーディングを強力にサポートしてくれる

プロジェクトごとに管理する

各プログラミング言語毎にfileのアイコンを変更してくれる

ファイルのパスなどを自動補完してくれる

ついつい時間を忘れがちだけど、時間を意識するための予防線

タスク管理

直近で開いたファイルを記憶してくれる

カラーコードをハイライトしてくれる

サーバー内のファイルをいじるときにAtomでいじれるようにしてくれる

タブに表示されるファイル名にパスを追加してくれる

全角スペースのハイライト

大抵の言語のコード補完をやってくれる

空白をよしなにしてくれる

Atomにツールバーをつけてくれる

git関連

atomでgitを使うときはとりあえず入れておくと便利

gitのコミット履歴なんかをみれるようにする

branchをatom上で見れて変更も出来る

コンフリクトが起こったときに解消しやすくしてくれる便利なやつ

minimap関連

minimapを使えるようにする

minimapにpigmentsを適用させる

選択中の行をminimapにもハイライトしてくれる

minimapにもgit-diffを適用してくれる

minimapがスクロール時にだけ出るようにする

terminal関連

ここについてはterm3などAtomエディター上でターミナルを開けるプラグインはいくつかありますが、terminal-plusはIDEのように下から出てきてくれるので、邪魔な時にいちいちタブを消す必要がないので、とにかく便利です!

 
 

 

常時いいのがあったら更新予定です。
オススメのパッケージなどありましたら、コメントで教えていただけると幸いです。


2017年9月22日更新

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away