Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Kotlin/JSでもサーバーサイドしたい!

こんにちは、マヤミトです。
今回はKotlin/JSとkotlinx-nodejsを使ってサーバーを立てる簡単なサンプルを作ってみました。

kotlinx-nodejsの紹介

kotlinx-nodejsは、Node.jsのAPIのKotlinラッパーを提供します。TypeScriptでいう d.ts ファイルがまとまっていると考えるとわかりやすいかもしれません。
https://github.com/Kotlin/kotlinx-nodejs

導入

build.gradle に依存を追加し、targetをnodejsにします。

build.gradle.kts
repositories {
    mavenCentral()
    jcenter() // 追加
}

dependencies {
    implementation(kotlin("stdlib-js"))
    implementation("org.jetbrains.kotlinx:kotlinx-nodejs:0.0.7") // 追加
}

kotlin.js {
    nodejs() // 追加
}

簡単なhttpサーバーを書いてみる

リクエストが来たらそれのurlとmethodを返すだけの簡単なサーバーを書いてみます。

main.kt
fun main() {
    val server = http.createServer { req, res ->
        res.write("url: ${req.url}\n")
        res.write("method: ${req.method}")
        res.end()
    }
    server.listen(8080)
}

Node.jsでサーバーを書いたことのある人ならわかるかもしれませんが、用意されている関数の使い方などはほぼ変わりません。私はNode初心者ですが、JavaScriptで書かれたサンプルをほぼそのままKotlinに書き換えることができました。

サーバーの起動

ターミナルで

./gradlew nodeRun

を実行すると、指定したポート(今回は8080)でサーバーが起動します。
実際にcurlで叩いてみるとこんな感じです。

curl -X GET localhost:8080/hoge
url: /hoge
method: GET

curl -X POST localhost:8080/hoge
url: /hoge
method: POST

JSへのビルド

Gradle経由ではなく、JSのファイルを吐き出してnodeコマンドで実行したい場合、追加でいくつか設定が必要です。

まず、 build.gradlewebpack-node-externals の依存を追加し、ターゲットにbrowserを追加します。

build.gradle.kts
dependencies {
    implementation(kotlin("stdlib-js"))
    implementation("org.jetbrains.kotlinx:kotlinx-nodejs:0.0.7")
    implementation(npm("webpack-node-externals", "2.5.1")) // 追加
}

kotlin.js {
    browser() // 追加
    nodejs()
}

プロジェクトルートの webpack.config.d ディレクトリの中に webpack.config.js ファイルを以下の内容で作成します。

webpack.config.js
var nodeExternals = require('webpack-node-externals');
config.target = 'node';
config.externals = [nodeExternals()];

ターミナルで

./gradlew browserWebpack

を実行すると、 build/distributions 以下にビルド後のJavaScriptのファイルが生成されます。デフォルトだと生成されるファイル名は プロジェクト名.js ですが、任意の名前に変更したい場合は以下の内容を build.gradlewebpackTask に追加します。

build.gradle.kts
kotlin.js {
    browser {
        webpackTask {
            outputFileName = "main.js" // 生成したいファイル名
        }
    }
    nodejs()
}

生成されたJavaScriptのファイルは、nodeコマンドから実行することができます。

node main.js   

まとめ

  • Kotlin/JSでもサーバーサイドはできる
  • JSを吐き出したいときにはターゲットをブラウザにしてWebpackでビルドするという直感に反する作業が必要

情報が少なかった割には意外とすんなりできてしまいました。Kotlin好きの皆さんもぜひ一度試してみてください。

今回のサンプルコードは自分のGitHubにて公開しているのでよかったらどうぞ。
https://github.com/yt8492/KotlinOnNodeJSSample

参考

https://github.com/Kotlin/kotlinx-nodejs
https://saku.io/build-for-node-runtime-using-webpack/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
2
Help us understand the problem. What are the problem?