LoginSignup
208
233

Postmanを使い始めた時に知っておきたかった地味に便利な機能10選

Last updated at Posted at 2024-04-20

普段何気に使っているPostman。最近まで「手軽にGUIで疎通を試せて、設定を共有できてべんり〜」くらいで使っていました。

けどふと「実はもっと便利な機能があるのでは?」と思って調べてみたところ、色々出てきたのでせっかくなのでシェアしたいと思います。

たまたまですがちょうど10選!

地味に便利な機能10選

VSCode拡張

PostmanにはVSCode拡張機能があります。

postman1.png

インストールするだけで、VSCodeのサイドバーから利用可能です。

image.png

日本語設定

日本人なので日本語で使いたい。

右上の歯車→Settingsから以下の通り選択することで日本語化が可能です。

image.png

変数の定義

複数のAPIで同じ値を使いたい場合があるとします。例えばテスト用のユーザーIDなどです。

Postmanではそんな値をAPIファイルに逐一ハードコードする必要はなく、変数に保存することが可能です。

image.png

Postman Echo

これはあまり用途がないのですが、先ほどのように変数に定義された値を確認することができる機能です。

試しに先ほど定義してみたhogeほげと出力されるかを確認してみます。

エンドポイントにhttp://postman-echo.com/getを指定すると利用できます。

image.png

Fakerの利用

適当な氏名や電話番号、氏名などをパラメーターとしてAPIを実行したい場合などがあります。

その場合、動的に利用可能な変数を使うと便利です。

以下のページに利用可能な値が掲載されています。

例えば以下のように、適当な氏名を入力することができます。

image.png

2分割表示

ところでみなさん、「Postmanのレスポンスが下にあるのちょっと見づらいな〜」と思ったことはありませんか?

そんなときはPostmanを2分割表示することで、個人的には収まりが良く見やすくなるかと思っています。

image.png

ドキュメントを書く

簡単にドキュメントを書いておくことができます。

image.png

OpenAPIからimport

昨今ではOpenAPIでAPIドキュメントを管理している人も多いでしょう。

そんなときは、OpenAPIにて定義したyamlもしくはjsonをPostmanにインポートするだけで、APIを実行する準備が整います。

インポート > yaml or jsonを選択 > OpenAPI~~~ を選択です。

インポート後はOpenAPIで定義したドキュメントが反映されるので、いちいちOpenAPIの定義を見る必要がなくなります。

image.png

curlコマンドでの出力

たまにcurlでAPIを実行する場合があります。そんなときでもPostmanなら勝手にコマンドを生成してくれるので安心です。

</>マークを押すだけで簡単に確認できます。

image.png

複数リクエストの実行(コレクションランナー)

定義したAPIを複数選択後に繰り返し回数・遅延時間を指定して実行し、実行結果を確認することができます。

image.png

image.png

パフォーマンステスト

デスクトップアプリ版のみの機能ですが、簡単なパフォーマンステストもPostmanで実行することができます。

先ほどのコレクションランナーの機能を選択し、「負荷のかけ方」「仮想ユーザー(上限100)」「負荷をかける時間」を入力し実行します。

image.png

実行結果がこちらです。グレーの線がユーザー数です。青線がレスポンス速度、赤線がエラー率です。

image.png

おわりに

とりあえず思いつく部分だけを書き殴ってみました!

本家のドキュメントを読んでると、まだまだ知らない機能がありそうなので、「これも便利だよ!」という機能があれば是非教えてください!

208
233
1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
208
233