Help us understand the problem. What is going on with this article?

あなたの時間を無限に奪うQiita記事集できました(特に初心者にオススメ!)

More than 1 year has passed since last update.

あなたの時間を無限に奪う理由

上位1~2%の超人気記事を集めた 「Qiitaの殿堂」 の新機能。
技術タグごとの記事を時系列で一括で見れるビューが加わりました。

Qiita殿堂入り記事のタグごとまとめ
↑↑ にアクセス!

興味のある技術タグに限定して見れるので、本気で時間泥棒です
時系列に人気記事が並ぶため、タイトルを眺めるだけでも面白いです。
特に、その技術を始めようとする初心者の方にもオススメできます♪
(見た目など不十分ですが、面白かったので先に公開します)

ぜひ一度、好きなタグの記事を見てください。
(ポエム系が嫌いな人にとっては技術タグで見れるので捗るかも)

さらに、今年のいいね獲得ランキングを公開!

Qiita ユーザランキング(年別)
↑↑ にアクセス!

2018年、誰が現在一位か、またはTOP10も、ここには書きません。
ご自身の目で確認してください!
また、3000名以上表示しています。
ご自身や、お知り合いのアカウントの状況も確認できるかも!?

Qiita公式のトップページの「ユーザランキング(全て)」はほぼ固定だし、
週次や月次は、ほぼその期間中の一つの記事で決まってますよね。
昔の方がいいねが3倍以上獲得しやすい、って話もあり、
1年ごとくらいで集計したほうが、レース的になって楽しい?と思いました

上位ユーザや、ライバルユーザが、どんな記事を書いているのか、
ユーザごとに見るのも良いヒマつぶしに勉強になります♪

※2017年のいいね数でソート、なども出来ます。
※他のデータと同様に、月次くらいで更新していく予定です。

Qiitaの殿堂 とは?(改めて)

Qiitaの殿堂は、
上位1~2%の超人気記事を月ごとのランキング形式で紹介するサイト
見逃した良記事が多数見つかる
データ分析結果もグラフ化して公開中

詳しくは、以下の投稿をご参照。

作成動機

  • 良い記事 ⇒ いいね ⇒ 嬉しい ⇒ 良い記事 の循環を良くしたい
  • 良い記事が過去の時の中に埋没されてしまいがち
    • 検索で出る課題解決型の良い記事ではなく、「面白い記事」の話
  • ゴミ記事書くな vs 兎に角アウトプット の論争は、条件付きでアウトプット派
    • 条件=「良記事が目立つ仕組みが様々な角度からいろいろ存在すること」
      • 例えばテニスなどスポーツ界でも、アマチュアが増えるのは良いこと
      • 裾野が広い方が、その分野が伸びるのは原則レベルの当たり前な話
      • でも、プロの放送に混ざって初心者がテレビに映っていたら?
      • 一見してすぐ分かる/除外出来ても、イヤという声も理解できる
      • (ミスした人を放映/注目したら、本人もイヤ、初心者にも悪影響)
    • 書くな、目立たぬ所で書け、規約守れ、とかは本質的な解決策ではない
      • 「練習場」を準備することは全く否定はしない、むしろ大賛成
      • ゴミをフィルタする試みも良い。ミスした人には優しく指摘
      • 何かの意思を持って行動することは、クチだけよりずっと良い
    • ただ、真にやるべきは、良いものを賞賛し目標化して、みなを"煽る"こと
    • みんなが見たいものをきちんとピックアップ、放送をすることが王道
    • 適切な注目の有無が、誰もが参加しやすい心理的安全性に繋がる
  • いいねだけが絶対指標ではないが、いいねは必要悪的な存在
    • きちんと称賛、きちんと喜べると、日本の技術者全体が発展
    • 経済におけるお金、身体における血液、的な存在へ
    • (低いいね記事からの、AIによるピックアップも、前に挑戦している
  • 現状のQiitaは、名画があるのに乱雑に置かれてホコリをかぶる美術館
    • Qiitaで、役立った、新しい知識が得れた経験は多いハズ(名画はある)
    • でも、最近描かれた一部の絵が入り口にあるだけ
    • 検索も弱く、名画の前にゴミが覆い被さるような場合も
  • ピックアップ力が弱い/視点が足りない感
    • 「トレンド系」は、直近の話題性は高いが、ライトユーザお断り状態
    • ユーザランキングは固定化or意味が乏しく、"煽り"として不十分
    • 特定技術を知りたい初心者が、ふわっと検索しても良記事にたどり着けない
  • 様々な角度から、良記事/良ユーザが目立ち、賞賛されれば、好循環は回る
    • そこで、過去までさかのぼり「殿堂入り」は、作るのが楽な割に有効
      • 名誉感を出すと、書き手もモチベも向上するのでは
    • そこで、「年ごと」ユーザランキングならペナントレース感
      • 感覚的には、N年前=1/N化して積算する値が良い気がする
      • 初年度は1倍、1年たつと半分、2年で1/3か1/4とか
      • TOP10ではなく、TOP3000表示。身近なライバルを作成="煽り"
    • そこで、「タグごと」に出せば初めて見に来た初心者にも過去が伝わる
    • (Qiita公式に差し上げたい)
  • 建設的に「行動」する意思、様々な観点の意見を「尊重」する気持ち
    • 少なくとも自分が見たいと思った角度が見れないなら「行動」する意思
    • 理想は大きく(日本全体向上)、やることは小さく(ショボい技術から)
    • 「いいね」することも小さな前向きな「行動」
    • 様々な意見/行動があって良い。否定だけするのは止めれば、前進する

以下は、サイトの技術的な内容を記載

以降は、サイトの技術的な話を少し記載します。(興味のある人だけ)
ほぼ全て、以下の記事に記載済みで、多少の工夫をここに追記します。

ユーザ名ごとの集計は、辞書形式を使い、月ごとに実施

ユーザごとの情報が欲しいからといって、
sqliteのDBにユーザの人数分のクエリを投げるようなことをしては、
いつまでも処理が終わらなくなります。

Qiitaの全期間の情報はかなり重いため、一度に参照するのではなく、
基本的に「月ごと」にDBから取得してきて、
その「月ごと」データに対して集計処理を繰り返すのがベターです。
(GCPの無料インスタンスなので非力です)

また、「ユーザごとに集計」する場合、どんなユーザが居るか分からないため、
pythonの辞書形式を使い、.setdefaultで、
初めて出てきたユーザ名に対してはデフォルト値を与えるようにすると、
集計がしやすいです。
(つまり、「ユーザ系のAPI」ではなく「記事情報」からデータを作っています。
 「Contribution」ではなく、純粋な記事へのいいね数だけ見ています)
Pythonでデータ分析/集計をする際には良く使う手法だと思われます。

一部を抜粋したコードとしては、こんな感じです。

ユーザごと集計の心臓部分抜粋
#「item_list」は、月ごとに取得した記事のデータ
for item in item_list:
    #いいね数
    iine = item[2]
    #ユーザID
    user_id = item[8]
    #ユーザ名
    user_name = item[9]
    #user_followers_count
    user_followers_count = item[12]
    #件数
    user_items_count = item[14]

    try:
        #初めて出たキー(ユーザ名)ならばデフォルト設定する。
        usr_dict.setdefault(user_id, {'名前': '', 'Followers': '', '総投稿数': 0, '~2015年
': 0, '2016年': 0, '2017年': 0, '2018年': 0})
        #文字数制限
        usr_dict[user_id]['名前'] = user_name[:20]
        usr_dict[user_id]['Followers'] = user_followers_count
        usr_dict[user_id]['総投稿数'] = user_items_count
        if year>2017:
            usr_dict[user_id]['2018年'] += iine
        elif year==2017:
            usr_dict[user_id]['2017年'] += iine
        elif year==2016:
            usr_dict[user_id]['2016年'] += iine
        elif year<2016:
            usr_dict[user_id]['~2015年'] += iine
    except:
        import traceback
        traceback.print_exc()
        pass

FlaskのStatic領域を活用、DBアクセスを無しに

ユーザがサイトを訪れる際には、
DBアクセス(またはQiitaAPIの利用)を一切しないようにしています。

事前に、集計データや、記事リストを、
FlaskのStatic領域にファイル(CSVやHTML)として出力しておき、
ユーザがサイトを訪れる際には、それを参照するだけ、です。

GCPの無料枠運用でサーバが貧弱なのもありますが、
余計な(複雑な)処理が入らないため、
エラー等でサイトが落ちるのを未然に防げます。

例えば、タグの目次のページを例に説明します。
以下のようなHTMLになっています。

タグの目次ページから抜粋
<head>
<script src="jquery-1.11.2.min.js"></script>
<script>
  //htmlパーツ読み込み
  $(function() {
       $("#main_data").load("/static/TAG_DENDOU/TAG_MIDASI.html");
  });
</script>
</head>

<body>
<h1>Qiita殿堂入り記事のタグごとまとめ(β)</h1>
<hr>

<div id="main_data">
  ここに、タグごとの記事情報が読み込まれます
</div>

</body>

TAG_MIDASI.htmlは、事前にpythonで生成した、
ほぼただのテキストデータ的な、タグ情報のリストが書かれています。
<li>自然言語処理 (68)</li> のような羅列)

「中央に表示するデータ」+ 「タイトルや装飾など」

の二つをhtmlファイルとして分離し、データはpythonで事前にバッチ生成。
タイトルや装飾などhtml全体は、普通のhtmlとして用意しておき、
$("#main_data").load の部分でデータを読み込んでいます。

Flaskを使う場合、pythonの変数をhtml側に渡せるため、
通常は、templateフォルダ側に、メインとなるhtmlを配置し、
python内の値として表示用のデータを与えることが多いかもしれません。

ここでは、あまりやり方に拘らず、Flaskを使いつつも、
simpleHTTPServerと同様の低レベルな扱い方をして、
ただのhtml分割と同様の手法を採用しました。作成とメンテが楽です。

定期的に情報を更新すると言っても、瞬間的には「静的サイト」であるため、
Flask内の処理は対して要りません。また、static領域のファイルの更新は、
「ctrl+F5」で適用され、template側と違いFlask再起動が不要な点も楽です。

(マジメな人から見ればたぶんバッドノウハウです。
 あくまで軽度に運用、平易に作りたい人向け)

余談ですが、何かサービスやアプリを個人開発しようと思いつつ、
一回も"リリース"までたどり着いたことのない人は多い気がします。
最初からなぜか理想を高く持ちすぎてしまい、「公開」まで
辿り着く前に力尽き飽きることが多いのではないでしょうか。
最小の手間で、多少はユーザが使えるレベル、を作り、
まず「公開」を目指すのが良い、と考えます。
Webサービスでも、リアルタイムにデータ更新する要件を捨てても、
十分有用な場合があり、その割に難易度は一気に下がります。
捨てる箇所は必ずしもDB部分でなくても良いのですが、
リリースまで行かない人は、技術力が低いのではなく、
なにかの割り切り、最小化について、考慮不足なのかなと思います。

csv2table.jsで、行ごとに交互に色を付ける方法

csv2table.jsは、CSVファイルを読み込んで、
表形式でHTML内に表示できるライブラリです。
見やすくするために、行ごとに交互に色を付けたくなります。

Qiita ユーザランキング(年別)のページで採用しています。

onload :部分で、evenの場合に背景色を設定すればOK!

csv2table.js部分抜粋
<div id="user_ranking" class="collapse">
     user_ranking<br>
  <div id="user_ranking"></div>
</div>

<script>
    $(function(){
      $('#user_ranking').csv2table('./user_iine.csv',{
          onload : function(id,op,data,ary){
          $('tr:even','#'+id).css('background','#eee')
        }
      });
     });
</script>

おしまい!

Qiitaの殿堂」 が
みなさまにとって、良い知見が得れる場になりますように!

もし良い知見が得られたら
「いいね」や「他の人への紹介」も、
とても素晴らしい前向きな行動だと思います!

youwht
「Qiitaの殿堂」(http://youwht.ml/) 「赤の他人の対義語」 「平成の次の元号」 「写経を自動化」 「パワポリント君」etc... wwwxuexihanyu@gmail.com
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした