Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
249
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@yoshu

AWSを利用した動画変換から動画配信まで

More than 5 years have passed since last update.

動画関連の知識がなく苦労したのでメモ。

ffmpegでの動画変換も試したのですが、変換の時間とサーバのリソースを食うため、
小規模サービスでは向かないと判断し、ElasticTranscoderを利用することとしました。

今回の構成としては、COOKPADに近いものとなっています。
http://techlife.cookpad.com/entry/2014/06/17/160905

動画配信方法

PC,スマートフォン(iOS, Android)向けに配信する方法を調査し、最終的にmp4とHLSで配信する事としました。
大半のデバイスはこの2種類を用意すればカバーできます。
mp4 : PC, Android2系への配信(flash)
HLS : iOS, Android4系への配信

HTML5での動画再生用のライブラリがいくつかあるので、
そちらを使えば両形式の配信に対応できます。
今回のサンプルではVideoJSを使います。
http://www.videojs.com/

事前準備

まず、AWSで 【CloudFront】 【S3】 【ElasticTranscoder】 を利用します。
【S3】
bucket、サンプル動画、アウトプット用フォルダを用意します。
bucket:video_sample
動画ファイル:sample.mov
フォルダ:test

【CloudFront】
Distributionは「Web」「RTMP」を用意します。
WebはHLS、RTMPはflashで使用します。

【ElasticTranscoder】
テスト用のPipeline「test-Pipeline」を作成します。
Pipelineとは、InputやOutput用のS3のバケット等を指定するものです。
動画変換は、このPipelineに対してJobを作成すると動画変換されるようになっています。
また、動画変換時に指定するPresetは変換するコンテナ等の定義となっています。
※サムネイルも生成する場合、デフォルトで用意されているPresetでは画像が荒いため、個別に作成することをお勧めします。

SDKを利用した動画変換サンプル

今回利用するPHPとSDKのバージョンは下記の通りです。
・PHP5.5系
・AWD SDK for PHP2.4.5

API reference
http://docs.aws.amazon.com/aws-sdk-php/latest/class-Aws.ElasticTranscoder.ElasticTranscoderClient.html

ElasticTranscoder.php

<?php
use Aws\Common\Aws;
use Aws\Common\Enum\Region;
use Aws\ElasticTranscoder\Exception\ElasticTranscoderException;
use Aws\ElasticTranscoder\ElasticTranscoderClient;

class ElasticTranscoder {

    private $obj = null;

    /**
     * AWS SDK for PHP
     */
    private function getInstance() {
        if (is_null($this->obj)) {
            $this->obj = Aws::factory([
                'key'    => 'xxxxxxxxxx',
                'secret' => 'yyyyyyyyyy',
                'region' => Region::TOKYO
            ])->get('ElasticTranscoder');
        }
        return $this->obj;
    }

    /**
     * createJob
     */
    public function createJob($args) {
        try {
            $res = $this->getInstance()->createJob($args);
        } catch (Exception $e) {
            #echo $e->getMessage();
            return false;
        }
        return $res;
    }
}

$ElasticTranscoder = new ElasticTranscoder();
$ElasticTranscoder->createJob([
    'PipelineId' => 'test-Pipeline',
    'Input' => [
        'Key' => 'sample.mov',
    ],
    'Outputs' => [
        // mp4 & Thumbnail
        [
            'Key'              => 'test/output.mp4',
            'PresetId'         => '1351620000001-100070', // System preset: HLS 2M
            'ThumbnailPattern' => "output-{count}"
        ],
        // HLS
        [
            'Key'             => 'test/output',
            'PresetId'        => '1351620000001-200010', // System preset: HLS 2M
            'SegmentDuration' => 5 // 動画を何秒ごとに分割するか
        ]
    ],
]);

上記の処理を実行してJobが完了すると、アウトプット用フォルダ「test」内に下記のファイルが生成されます。
サムネイルとHLSのファイルに関しては、Presetや動画の再生時間によってファイル数が変わります。
・サムネイル
output-00001.png
output-00002.png
・mp4
output.mp4
・HLS
output.m3u8
output000000.ts
output000001.ts

動画再生用HTMLサンプル

headタグ

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="video-js.css" />   
<script type="text/javascript" src="video.js">

bodyタグ

<video id="sample_video" class="video-js vjs-default-skin" width="100%" height="100%" poster="http://{S3のドメイン}/test/output-00001.png" preload="none" controls>
     <source src="http://{CloudFront(Web)のドメイン}/test/output.m3u8" type="application/x-mpegURL" />
    <source src="rtmp://{CloudFront(RTMP)のドメイン}/cfx/st/&mp4:test/output.mp4" type="rtmp/mp4" />
</video>
<script>
videojs.options.flash.swf = "video-js.swf";
var homePlayer=_V_("sample_video");
</script>

最後に

動画ファイルの管理から変換、配信までAWSのサービスだけで完結できるので、AWS凄いなという印象です。
ただ、動画について知識が無い状態でスタートすると、用意する動画の形式や配信方法、ElasticTranscoderの使い方等、
情報が少なく苦戦したので、今後動画関連の機能を実装する方の参考になれば幸いです。

249
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
yoshu

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
249
Help us understand the problem. What is going on with this article?