#slack
#Zapier
#instagram

instagramの特定のタグがついた投稿をSlackに通知してみる

背景

ある特定のタグがついているinstagramの投稿を一元に収集してみたかった。
ただ、自分がプログラマーではないためノンプログラミングで実装したい。

はじめに

今回はzapierを使ってやってみた。
- zapierとは、複数のサービスを連携させて自分だけの処理を作れるサービス。
- IFTTTとほぼ同じ仕組みだが、IFTTTではやりたいことができそうなAppletがなかったためzapierで実装。

事前準備

各種サービスのアカウント登録をしておきましょう。
・instagram
・slack
・zapier

設定方法

zapの選択

zapierで利用したいzap(IFTTTでいうApplet)を選びます。

zapierのHP

スクリーンショット 2017-11-26 18.24.21.png

Search-boxにinstagramと入力

Search-boxにinstagramと入力するとアイコンが出てきます。
アイコンをクリックすると、Instagram関連のzapが画面下に表示されます。
スクリーンショット 2017-11-26 18.24.39.png

利用したいzapを選択

今回はGet Slack notifications for Instagram photos and videos with a specific tagを使います。
スクリーンショット 2017-11-26 18.27.47.png

zapの作成

選択したzapを自分なりの設定でカスタマイズします。

Get started

[Create this zap]をクリックします。
※instagramアカウントとslacアカウントの情報がこの先必要になります。
スクリーンショット 2017-11-26 19.13.18.png

Trigger設定

instagramのTriggerを設定します。今回は1つしか選択肢がないため、そのまま[Continue]をクリックします。
スクリーンショット 2017-11-26 19.13.32.png

instagramアカウント設定

instagramのアカウントを設定します。

[Connect An Account]をクリック
スクリーンショット 2017-11-26 19.14.16.png

instagramへのログインページのポップアップが開くので、instagramにログインする
スクリーンショット 2017-11-26 18.54.46.png

認証に成功したら、アカウントが作成されます。
Testをクリックし接続テストをします。
ステータスがsuccessになったら、[save + continue]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.14.33.png

タグの設定

収集したい投稿のタグを入力します。
今回は、お腹が空いたので#定食にしてみます。
※色々試しましたが、複数選択はできなさそうです。。。(ご存知の方がいれば教えていただけると)
スクリーンショット 2017-11-26 19.14.56.png

Double Checkの画面になるので、設定内容に問題なければ[Fetch & Continue]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.15.07.png

Test Successful!と出れば、instagram側の設定は完了です。
※chromeのシークレットモードだと失敗するので、ご注意ください。
スクリーンショット 2017-11-26 19.15.17.png

slackのアクション設定

Send Channel Messageしかないため、そのまま[Continue]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.16.07.png

slackアカウント設定

slackのアカウント設定をします。
[Connect an Account]をクリックし、slackアカウントを設定ウィザードを開きます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.16.17.png

ワークスペースへのサインイン画面が出るので、サインインします。
スクリーンショット 2017-11-26 19.16.42.png

サインインすると、確認画面に変わるので、下にスクロールし[Authorize]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.17.19.png

次の画面で、success!と出ていれば認証が成功です。
[Save+Continue]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.17.34.png

Setup画面で通知したいチャンネルを選択し、[Continue]で次に進みます。
※細かい設定を行いたい場合はShow advanced optionsで設定してください。
(今回は設定しなくても動作するため、割愛します)
スクリーンショット 2017-11-26 19.18.15.png

Test Slack画面に遷移しますので、内容に問題なければ[Create & Continue]で次に進みます。
スクリーンショット 2017-11-26 19.18.50.png

次画面でTest Successful!と出れば、全ての設定が完了になります。
[Finish]で次に進んでください。
※この画面で終了ではありません。
スクリーンショット 2017-11-26 19.19.01.png

設定したZAPが自動的にONになります。
こちらがONになったタイミングでSlackに投稿が通知されるようになります。
スクリーンショット 2017-11-26 19.19.12.png

最後に

アカウントの事前準備は必要ですが、思ったより簡単に設定できました。
ノンプログラミングで情報収集できるようになるので、非エンジニアでも簡単に情報収集できますね!

一つ不満点を挙げるとしたら、複数タグを利用できないようなので、
#定食 + #東京のような複数条件設定ができないところですかね。
#定食のような利用者が多いタグだと凄まじい量の投稿がslackに通知されてきます(汗

皆さんもslack + zapierで素敵な情報収集ライフをお送りください。