search
LoginSignup
15

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

【SSI】ssiを実装するにあたって

ssiを実装するにあたって

そもそもこのご時世にテンプレート化してないのがいけ無いんですが、
まぁやむえない事情で(大人の事情)テンプレ化できなかったり、
古いままになってたりするコンテンツがあるんです。
そうすると修正するのに全ページ対応して確認してととても疲れる・・・
なので、自分が楽するために切り分けちゃばいいんだ!

細かい調整などはあると思いますがそこは端折ります。
ssiの追加の仕方のみ記載します!

※情報は2016年時点での記載になります。

まずは「.htaccess」を用意する

実装するにあたり、ssiを聞かせたいコンテンツ(複数ある場合はその上層部)に.htaccessを作成して設置する。

設置する.htaccessはエディタで下記を記載して「.htaccess」というファイルを作る。

Options +Includes
AddHandler server-parsed html

これだけ。

ssi用のhtmlを作る

切り出したい箇所をhtmlとしてきりだす。

hoge.html
<div>
hogehoge
</div>

htmlに追加する場合


<!--#include file="ssi/hoge.html" -->
上層のディレクトリにあるファイルは読み込めないので使用しない。


<!--#include virtual="/ssi/hoge.html" -->
別のディレクトリ指定でも、サーバの絶対パスでも指定が可能です。

phpに追加する場合


<!--#include virtual="/ssi/hoge.html" -->
PHPの場合は上記の書き方だと読み込むことができない。


<?php echo file_get_contents("ssi/hoge.html"); ?>
file_get_contentsでvirtualと同じような挙動ができる。
※相対パスで書く

以上。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
15