Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macのbash(ターミナル)を鮮やかにする

More than 1 year has passed since last update.

家ではMacBook(Sierra)を使っている。MacはUbuntuと違ってbash(ターミナル)の表示がデフォルト味気ない。そこで、見やすくなるようにターミナルの設定を少し変更した。その際メモを残しておく。背景色は環境設定で初期設定の白から黒へ変更している。

$前に表示される情報の変更

現在の"$"前の表示形式は以下で確認できる。

$ echo $PS1
実行結果
\h:\W \u\$

これは、"ホスト名:現在のディレクトリ ユーザ名$"を意味する。
実際の表示は以下のようになっている。
bash_b.png

これを、"ユーザ名@ホスト名:現在のディレクトリ(フルパス)$"と自分好みの形式へ変更する。ついでに色も付ける。

ホームディレクトリに".bashrc"がなかったので新規に作成した。ちなみにバックスラッシュ(\)は「optionキー + ¥キー」で入力できる。

$ emacs ~/.bashrc  
.bashrc
if [ $UID -eq 0 ]; then
    PS1="\[\033[31m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01m\]\w\[\033[00m\]\\$ "
else
    PS1="\[\033[36m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01m\]\w\[\033[00m\]\\$ "
fi

root権限の時は注意を促す意味で赤色に、それ以外はシアンにしている。末尾の"\$"はroot権限時は"#"と表示される。反映は以下のコマンドで。

$ source ~/.bashrc

結果、以下のように変わった。
bash_a_user.png
また

$ sudo bash

でroot権限になると以下のようになる。
bash_a_root.png

lsコマンドのエイリアスの設定

デフォルトだとlsしたとき、どれがディレクトリなのかが分かりづらいので色を付ける。加えてディレクトリ名の後ろに"/"も表示させる。

"-F"オプジョンでディレクトリに"/"を表示し、"-G"オプションでディレクトリを色表示する。

.bashrc
alias ls='ls -FG'
alias ll='ls -alFG'

変更前
ls_b.png

変更後
ls_a.png

設定の反映を自動化する

$ source ~/.bashrc

を毎回実行するのは面倒なので自動化する。

$ emacs ~/.bash_profile
.bash_profile
if [ -f ~/.bashrc ]; then
  . ~/.bashrc
fi

ホームディレクトリに".bash_profile"もなかったため新規に作成した。

これで作業効率が幾分upする、気がする。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away