gulp-sass から gulp-ruby-sass へ

More than 3 years have passed since last update.

これからはじめるGulp #9:Ruby版Sassが使えるgulp-ruby-sassへの乗り換え』 こんな記事があったので、gulp-ruby-sass に変更してみる。

そして、gulp-ruby-sass 1.0.0 からタスク自体の書式が変更になったようだ。

旧書式で記述されている記事が多いので注意。

⇒ gulp-ruby-sass 1.0.0 から記述方法が変わるらしい

⇒ Gulp TypeError: Arguments to path.join must be strings

タスクの書式 gulp.src ⇒ sass に変更。

それに伴いオプションの設定書式も変更。

↓ 旧書式


gulpfile.js

gulp.task('sass', function() {

return gulp.src('scss/*.scss')
.pipe(sass({ style: 'expanded' })
.pipe(gulp.dest('./public/css'));
});

↓ ver.1.0.0 からの書式


gulpfile.js

gulp.task('sass', function() {

return sass('scss/', { style: 'expanded' })
.pipe(gulp.dest('./public/css'));
});

gulp-ruby-sass 1.0.0 から記述方法が変わるらしい

こちらの記事にご親切にも書いてありますが、ファイル名にアスタリスクや配列を利用するのがNGになったようです。

scss/*.scss ⇒ こういう指定はNG。