Help us understand the problem. What is going on with this article?

micro:bitのMakeCode拡張ブロックをつくる

環境

  • Windows10

概要

Windows10上にMakeCodeの拡張ブロックをつくる開発環境 pxt-microbit を構築して、拡張ブロックを開発する。

pxt-microbit は node.js でつくられた pxt 開発環境のターゲットの一つであり、TypeScript と C++ によって MakeCode の拡張機能を開発することができる。

pxt-microbit は micro:bit の実行ライブラリ micro:bit runtime を直接利用したプログラムを組むことができる。

pxt-microbitのインストール

node.js を入れる

pxtは v.8.9.4 以上を要求している。
Download | Node.js

pxt を入れる

npm install -g pxt

拡張ブロックの開発

開発ツールの使い方は Command Line Tool を参照。

プロジェクトの初期化

まず、開発ディレクトリでターゲットを設定する。

pxt target microbit

必要となるモジュールをインストールする。

pxt install

プロジェクトのビルド

pxt build するとコードを makecode.com へ送ってコンパイルする。

プログラムの書き込み

pxt deploy すると test.ts が動くプログラムが接続された micro:bit へ転送される。

MakeCode のウェブアプリでビルドしたローカルファイルの .hex を読み込んで利用することもできる。

拡張ブロックの公開

MakeCode で Github から読み込むと最新バージョンが読み込まれるので、更新するときには pxt bump でバージョンアップをする。

すでにその拡張機能を利用している MakeCode プロジェクトならば、javascript 表示にしてエクスプローラ―から「更新ボタン」を押すだけでバージョンアップできる。

開発ノウハウ

microbit-dalを変更する

コンパイルに使用される microbit-dal のコードは、 pxt.json で設定できる。ただし、一旦 microbit リポジトリを経由して呼び出されるので、microbit-dal を指定する microbit リポジトリを作らなければならない。

{
    "yotta": {
        "dependencies": {
            "microbit": "yokobond/microbit#mbit-more"
          }
    }
}

microbit リポジトリ変更箇所

module.json
  "dependencies": {
    "microbit-dal": "yokobond/microbit-dal#mbit-more"
  },

Comparing lancaster-university:master...yokobond:mbit-more · lancaster-university/microbit

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした