Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Gitのコミット日時を上書きする2つの方法

コミット日時を上書きしたい

Gitのコミットの、差分とコミットメッセージは維持しつつ、コミット日時を書き換えたいことが稀にある。
こないだあったのは、テストのためにローカルホストの日時を未来に変更したままでコミットしてしまい、「未来のコミットになってますよw」という指摘がコードレビューで出たとき。

普通にamendしても上書きされない

通常のamendでは日付は書き換わらない。

$ GIT_PAGER= git log -1
commit 64c414eaa5084c765c79d2e061ced3d5724d00dd (HEAD -> master)
Author: foo <foo@example.com>
Date:   Sun Sep 29 09:59:00 2019 +0900

    an example
$ date
日  9 29 10:02:03 JST 2019
$ git commit --amend
[master 8f3cf01] an example
 Date: Sun Sep 29 09:59:00 2019 +0900
 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
 rename a => b (100%)
$ GIT_PAGER= git log -1
commit 8f3cf018573ad002c906e00bfa2facd38fc276ca (HEAD -> master)
Author: foo <foo@example.com>
Date:   Sun Sep 29 09:59:00 2019 +0900

    an example

これは、コミットには2つの日付 AuthorDate と CommitDate が記録されており、amendでは CommitDate の方が更新されるからである。実際、CommitDateの方は更新されている:

$ GIT_PAGER= git log -1 --pretty=fuller
commit 8f3cf018573ad002c906e00bfa2facd38fc276ca (HEAD -> master)
Author:     foo <foo@example.com>
AuthorDate: Sun Sep 29 09:59:00 2019 +0900
Commit:     foo <foo@example.com>
CommitDate: Sun Sep 29 10:02:08 2019 +0900

    an example

方法1: reset-authorオプション

お手軽なのは reset-author オプションを使うこと。以下のようにするとAuthorDateが現在日時になる

$ git commit --amend --reset-author

その名の通り、Authorもリセットされてしまうので、そうしたくない場合には使えない。
ちなみに reset-author オプションと一緒に author オプションを指定するとエラーになる。

$ git commit --amend --reset-author --author "foo <foo@example.com>"
fatal: Using both --reset-author and --author does not make sense

また、この方法だと、現在日時とすることしかできない。

方法2: dateオプション

date オプションで日時を指定するとそれが AuthorDate に設定される。例えば現在日時とするには

git commit --amend --date $(date --iso-8601=seconds)

日時の値を自分で設定すれば任意の日時にすることも可能。ただしこれで設定されるのは、AuthorDateであり、CommitDateの方は現在日時になる。CommitDateも合わせたい場合は、その後でgit rebaseのcommitter-date-is-author-dateオプションを使えば良い。

$ GIT_PAGER= git log -1 --pretty=fuller
commit 96fdf18c0d2580dacf6447d2669124684327de63 (HEAD -> master)
Author:     foo <foo@example.com>
AuthorDate: Mon Sep 30 06:14:11 2019 +0900
Commit:     foo <foo@example.com>
CommitDate: Sun Sep 29 10:14:11 2019 +0900

    an example
$ git rebase HEAD~ --committer-date-is-author-date
Current branch master is up to date, rebase forced.
First, rewinding head to replay your work on top of it...
Applying: an example
$ GIT_PAGER= git log -1 --pretty=fuller
commit c7fa00c0231b4a5505bd6fae2460dc8a65d08eb1 (HEAD -> master)
Author:     foo <foo@example.com>
AuthorDate: Mon Sep 30 06:14:11 2019 +0900
Commit:     foo <foo@example.com>
CommitDate: Mon Sep 30 06:14:11 2019 +0900

    an example

二つ以上前のコミットを対象にするには

git rebase -i で対象コミットをeditとして、amend commitの際に上で説明したいずれかの方法を使えば良い。

確認した環境

$ git --version
git version 2.19.1
$ date --version
date (GNU coreutils) 8.29
Copyright (C) 2017 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

Written by David MacKenzie.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
15
Help us understand the problem. What are the problem?