Help us understand the problem. What is going on with this article?

ical データをテキスト化する Python プログラム

More than 3 years have passed since last update.

 OS X のカレンダーやGoogle Calendar をエクスポートしたデータは ical形式になっていますが、過去の記録としてそのまま保存しておいても閲覧するのにはちょっと不便なので、日時とイベント名を一行にしたテキストファイルにしておきたいと思った。
 ネットで探すと、Python用の icalendar パッケージが見つかった。

Python 用の icalendar ライブラリーパッケージ

Python で ical 形式を扱うパッケージは、以下のサイトからダウンロードする。

https://pypi.python.org/pypi/icalendar

私がダウンロードした時点では icalendar 3.10 で、Python 2.6, 2.7 and 3.3+ に対応している。

パッケージのインストール

 上記からダウンロードした .zip ファイルを解凍し、ターミナルでそのフォルダーに移動してから、次のコマンドでインストールする。

$ python setup.py install

ical データからイベントを取り出すプログラム

 ical 形式のファイルを読み込んで、標準出力に出力する Python プログラムは以下のとおり。

使用方法は以下のとおり

$ python iCal2txt.py file | sort > output file

使用例:$ python iCal2txt.py yotei2016.ical | sort > calendar2016.txt
これで、「yotei2016.ical」のデータから日時とイベント名を取り出して日時順に並び替えたテキストデータとして「calendar2016.txt」が出力される。

Python プログラムソースは以下のとおり

iCal2txt.py
#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import codecs
import sys
from icalendar import Calendar, Event
from datetime import datetime

argvs = sys.argv
fin = codecs.open(argvs[1])
cal = Calendar.from_ical(fin.read())
body = ""
for ev in cal.walk():
    if ev.name == 'VEVENT':
        start_dt = ev.decoded("dtstart")
        end_dt = ev.decoded("dtend")
        summary = ev['summary'].encode('utf-8')
        print "{start} - {end} : {summary}".format(start=start_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), end=end_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), summary=summary)

このファイルがあると、あのイベントは何時だったかな? などと調べるのが簡単にできる。

以前、AppleScript で iCalアプリから同様のファイルを取り出すスクリプトを書いたけど、Python で書くと結構簡単にできて Python が好きになりました。(パッケージが有ったからですが)

(追記)入力ファイル名の拡張子を .txt にしたファイルに出力する

 ソートが不要なら、出力ファイルを指定するのが面倒なので、入力ファイル名に拡張子を .txt にして出力するようにした。

ical2txt2.py
#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import codecs
import os
import sys
from icalendar import Calendar, Event
from datetime import datetime

argvs = sys.argv
fin = codecs.open(argvs[1])
cal = Calendar.from_ical(fin.read())
fin.close()
ldata = ""
for ev in cal.walk():
    if ev.name == 'VEVENT':
        start_dt = ev.decoded("dtstart")
        end_dt = ev.decoded("dtend")
        summary = ev['summary'].encode('utf-8')
        ldata += "{start} - {end} : {summary}".format(start=start_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), end=end_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), summary=summary) + os.linesep
fname,ext = (sys.argv[1]).split(".",1)
fout = fname + ".txt"
f = codecs.open(fout, "w")
f.write(ldata)
f.close()

(追記2)ソートした結果を .txt ファイルに出力する

 プログラム内でソートすると文字化けしていたので、上記のようにソート前で出力するようにしていたが、文字化けを解消することができた。
ソースは以下のとおり。
 出力の改行コードは環境に合わせて変更してください。
os.linesep の挙動が変だったので、改行コードを直接指定しています)

使用例:$ python ical2txt.py yotei2016.ics

ical2txt3.py
#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import codecs
import os
import sys
from icalendar import Calendar, Event
from datetime import datetime

argvs = sys.argv
fin = codecs.open(argvs[1])
cal = Calendar.from_ical(fin.read())
fin.close()
li = []
for ev in cal.walk():
    if ev.name == 'VEVENT':
        start_dt = ev.decoded("dtstart")
        end_dt = ev.decoded("dtend")
        summary = ev['summary'].encode('utf-8')
        li.append("{start} - {end} : {summary}".format(start=start_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), end=end_dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M"), summary=summary).decode('utf-8'))
li.sort()
fname,ext = (sys.argv[1]).split(".",1)
fout = fname + ".txt"
f = codecs.open(fout, "w")
for ld in li:
    f.write(ld.encode('utf-8') + "\n")
f.close()
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした